こいはる

お家エッチであの声を隣近所に聴こえ難くする為に心がける5つのポイント

はじめに

私の友人の遠藤さん(仮名40代男性)の話をまとめました。

なるべくなら、騒音トラブルに巻き込まれたくありません。

例えば、男女の行為であえぎ声を出している当事者に注意をするのが難しいのですよね。

快適なアパート暮らしができたら、それだけでも幸せですね。

お金がかからずに経済的なところは良い所ですが

お家エッチは、お金がかからず経済的なところは良い所ですが、でかい喘ぎ声を立てるのは憚られますね。

けれど、その点は工夫次第で封じることが出来るかも知れません。

ここではお家エッチで、喘ぎ声を隣近所に聴こえないようにするコツについてご提案します。


隙間テープを窓に貼り付ける

保温に効果のある隙間テープを貼り付ける。

大量販売店や100円ショップで市販されています。

活用方法は窓やドアの隙間に貼り付けるだけなのです。

だれもがカンタンに貼れて大きい保温効果を受けられます。

このような隙間テープは防音効果を確保することだってできるのです。

窓やドアの隙間から漏れ出る音をこの隙間テープがシャットアウトしてくれます。

隙間テープは合成ゴムやウレタンなどという特殊な素材でコーティングされています。

それにより高い吸音性を謳っております。

隙間テープを窓やドアの隙間に貼り付けたら、外の音がどのぐらいカットされているかチェックしてみよう。

取りあえずテレビの音とかがどのくらい小さくなったかな?て感じでよいです。

防音カーテンを窓や壁にかける

隙間テープだけでは音が漏れそう、心細いときたら、防音カーテンを買い上げましょう。

防音カーテンは音を取り込んでくれるのです。

隙間テープで音をブロックし、防音カーテンに音を吸収させましょう。

防音カーテンは通販で探せば215,000円程度から市販されています。

生地は厚めでカレータイプも様々あるので、部屋のインテリアでもピッタリのタイプを選択することができるはずです。

そのほかレースの防音カーテンもありますから、カーテンを2枚重ねにしたら、高い防音効果が得られるはずです。

口にタオルを差し込む

物理学的に防音につなげるために特に効果が高いのは、その喘ぎ声をもたらす口にタオルを押し込むことかもしれない。

布質は音を吸収する役目をしますので、効果は期待ができます。

けれども、タオルを口に差し込んでも不愉快なだけかもですので、猿轡程度はいかがですか。

手軽なSMプレイの感じでやってみるのがいいでしょう。

あんまり不愉快とエッチが辛くなってしまうので、個人差を考えながら、使った方がいいです。

*注釈:

猿轡(さるぐつわ)とは、声をたてさせないために布などを口に押し込んだり、かませたりするもの。

お風呂場でエッチする

場所をチェンジすることも有効です。

マンションの浴室は比較的には防音効果が高いと考えられます。

明方、深夜にシャワーをするのを考慮されて作ってあります。

しかもシャワーを出しっぱなしにしたら、喘ぎ声をシャワーの音で騙かすことだって可能です。

マイナス点ですが外には音が漏れにくいけれども、浴室内では喘ぎ声がビックリするほど響き渡ります。

パートナーに喘ぎ声についての耐えられるか、あらかじめ確認をとっておきましょう。

最上階の角部屋に生活する

お家エッチで、喘ぎ声を隣近所に聴こえないように努めるためにいちばん効果的な方法は、近所の人と距離をとることが重要です。

音は夜間は上の方向にはっきりと響き、昼間は下の方向に響くという特性があります。

マンションやアパートの最上階の部屋の角部屋に住み、隣の家と逆の面の部屋でエッチをすれば、隣近所に音が聞かれ辛くなるのです。

引っ越しするとなりますと費用が発生します故に、気掛かりな人は物件をさがすときにこういった点も意識して選択すると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか

ハッピーなエッチも気を遣いそうな周辺環境では楽しめませんね。

隣近所の行動を意識し、できるだけ隣近所がいなくなった時を狙いエッチをすることだって対策のひとつだと言えますね。

 

今回は以上です。

-こいはる

© 2021 アパキタ不動産のブログ