法律賃貸トラブル

ペット貸家編 身近で役立つ法律クイズ

はじめに

私の友人で弁護士の先生からクイズを伺いました。

法律で、貴方の実力を試してみましょうね。

問題1 ペット飼育

マンションでペットと暮らしている足立さん(仮名)が相談に来 ました。

足立さんのマンションではペット飼育が許されていたのですが、管理規約の変更で、ペット飼育が禁止 されてしまった。

足立さんは、今後ペットの飼育 が許されないのでしょうか?

回答選択肢

①ペットの飼育は許される

②ペットの飼育は許されない

 

正解は

② 許されない

 

解説

東京高裁平成6年8月4日 飼育者の同意なく変更された飼育禁止の規約は、有効。

裁判所がそう判断した理由は、

  • 動物飼育は、一般に他の区分所有者に有形・無形の影響を及ぼすおそれがあること
  • ペットは盲導犬等とは異なり、飼い主の日常生活に不可欠とはえないこと
  • しつけの程度も千差万別で、動物の行動や生態、 修正が他の入居者の不快感を招く恐れがあること
  • 容認できる飼育の範囲を限定するのが難しいこと

 

近年は。。。

ペットの飼育者が増えており、具体的な被害もないのに、全面禁止への規約の変更は合理性がない と判断される可能性もあり。



 

問題2 ペットと大家さん

動物飼育禁止のアパートを所有する馬場さん(仮名)が相談に来ました。

アパートの中に、居住するDが管理会社の承諾を得て、中型犬を飼育していることが判明したので、飼育をやめるように申し入れたが、応じてくれなかったそうです。

馬場さんは、Dとの賃貸借契約を解除することができるでしょうか?

回答選択肢

①契約を解除することができる

②契約を解除することができない

 

正解は

①できる

解説

京都地判平成13年10月30日 飼育者の同意なく変更された飼育禁止の規約は、有効。

(1)本件では、管理会社の担当者が、Dに承諾を与えたことは認められた。

(2)しかし、担当者は、管理会社から犬の飼育を許可する権限を与えられていなかったと認定し、担当者の承諾には意味がないと判断された。

(3)その上で、

①近隣でも同種の犬を飼っており、ベランダを開けると呼応して双方が吠えてうるさいこと

②犬の掻き傷や臭いが目立ち、近隣の入居者が迷惑していること

③中型犬であり、家の中で飼うのが不適切であること等から、信頼関係が破壊されて いると判断された。

 

問題3 ペット騒音と慰謝料について

マンションに暮らしている加藤さん(仮名)が、相談に来ました。

加藤さんのマンションでは、「他に迷惑、または危害を及ぼすおそれのある動物飼育を禁止する」旨の定めがあるにもかかわらず、隣室の居住者Cがダックスフンドを 2匹飼っており、騒音がうるさくて悩んでいます。

加藤さんは、平穏な生活が害されたとして、Cから慰謝料 を取ることができるでしょうか?

回答選択肢

①慰謝料は、取れない

②慰謝料は、5万円程度取れる

③慰謝料は、50万円程度取れる

 

正解は

② 5万円程度取れる

 

解説

東京地判平成21年11月12日

慰謝料は、5万円と認定されました。

本件では、以下の 事情が考慮されています。

(1)マンションの規約があること

(2)管理組合が、住民からの苦情に対し、飼育方向を改めるように書面を送付しているが改善がないこと

(3)加藤さんの家の前で犬の鳴き声を測定したら、約48~ 約59デシベルであること

 

*普通は、管理組合が訴える。本件では、管理組合として は、裁判をやるほどとは考えず、決議が得られなかったと思われる。

*本件事件では、裁判が提起された後で、問題となる犬とDの長女が転居している。

身近で役立つ法律クイズシリーズ

続くのじゃ。

-法律賃貸トラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ