ペットトラブル 外国人トラブル

ウサギや爬虫類などを飼っている外国人も見られました

はじめに

私の友人でアパート経営をやっている人のお話をまとめてみました。

外国の人達は、日本人と言葉も違いますが生活習慣まで違います。

ペットの飼育は禁止しても、分からなければ良いだろうとか思ってしまうみたいです。

育った国が違うから、トラブルにもなりやすいのですよね。

賃貸住宅を経営しているものです

私は現在賃貸住宅を経営しているものです。

近年では空き室が目立つようになってきています。

このようなことから、以前までは私が経営しているアパートではすべて外国人の入居は断っていたのですが、外国人入居者の受け入れを行うようになりました。

しかしというか、やはり心配していた通り、様々なトラブルに巻き込まれることになってしまったのです。

住宅でペットを飼えないという意味を理解できない

まず第一に発生したトラブルは、理解不足によるペット不可物件での飼育です。

私は経営している賃貸住宅では、ペットの飼育は禁止しています。

外国の場合には、生き物に対して寛容な国が多いようで、床や壁、家具などが傷ついてしまうからとか、鳴き声がうるさいなどといった理由で、ペットが飼えない賃貸物件は少ないようです。

そのような国からきた外国人の場合には、住宅でペットを飼えないという意味を理解できないようで、契約の際に事前にペットを飼ってはいけないということを説明していたのですが、勝手に飼い始めてしまったことが多く見られました。

さらにペットのしつけがされていればまだよかったのですが、しつけに関しても、甘い国が多かったようです。

鳴き声によって騒音のトラブルにつながったり、糞尿の始末が不十分で異臭が漂ったりと、同じアパートの住人だけではなく、ある時は隣の戸建ての家にまで迷惑が及んでしまいました。

またペットを飼ってはいけないということはわかっているけれども、うるさくなければよいだろう、迷惑がかからなければよいだろうと勝手に解釈をしてしまうのです。

ウサギや爬虫類などを飼っている外国人も見られました。

そのためペットの飼育に関する規約は、しっかりと理解できるまで説明をして、絶対にやってはいけないということを伝えるようにしました。

自分の好みに合わせて部屋を改造してしまった外国人入居者

また自分の好みに合わせて部屋の改造してしまった外国人入居者もいました。

近年では日本でもDIYが流行していますが、外国では自分で壁の色を塗り替えたり、備え付けの家具を改造することはそれほど珍しいことではないようです。

日本人であれば、賃貸物件を勝手に改造してはならないとわかっていますが、外国人にはその常識は通用しませんでした。

改造されてしまったので、原状回復の費用を請求することになったのですが、この費用に関してもなかなか理解が得られず、非常に大変なことがありました。

理解してもらった上で賃貸契約をするように努めています

何にでも言えることですが、事前の説明をしっかりと行って、絶対にやってはならないことが日本にはあることを理解してもらった上で賃貸契約をするように努めています。

まとめ

・近年では空き室が目立つようになってきています

・外国人入居者の受け入れを行うようになりました

・住宅でペットを飼えないという意味を理解できない外国人

・糞尿の始末が不十分で異臭が漂ったり

・自分の好みに合わせて部屋の改造してしまった外国人入居者もいました

・原状回復の費用を請求することになったのです

・なかなか理解が得られず、非常に大変なことがありました

・理解してもらった上で賃貸契約をするように努めています

以上です。

-ペットトラブル, 外国人トラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ