ペットトラブル

賃貸住宅でも、ペットの飼育可な物件が非常に増えてきています

はじめに ペットトラブル増加中

近年では賃貸住宅でも、ペットの飼育が可能な物件が非常に増えてきています。

しかしこのようなペット可の賃貸マンションやアパートであっても、価値観やマナーが異なる住民の間では、ペットトラブルに発展するケースも見られます。

お互いのコミュニケーションがすれ違うことによりトラブルに発展することもありますが、事前に問題の原因について把握しておくことが重要です。

ペット飼育不可の賃貸物件でペットを飼ってしまった

近年ではペットを飼う人が多く見られますが、賃貸住宅でペットを飼ってペットトラブルに発展したというケースは多いものです。

ペットトラブルの原因は様々なことが挙げられますが、その一つに挙げられることが、ペット飼育不可の賃貸物件でペットを飼ってしまったということです。

ペットを飼ってはいけないと知っていながらも、こっそりとアパートやマンションで飼っている人は意外にも多く見られます。

このような人たちは、姿が見えなければ大丈夫だろう、鳴き声がしなければ大丈夫だろうと軽く考えている傾向がありますが、それは大きな間違いと言えます。

どこかの部屋から動物の鳴き声が聞こえてくる、エレベーターで動物のにおいがする、ペット用ケージを持っている人を見たなどと、マンションやアパートの住人が管理会社やオーナーに連絡を入れることがあります。

契約違反となるので退去を迫られる可能性が大きくなります

このことからペットを飼っていることが見つかれば、当然のことながら契約違反となるので退去を迫られる可能性が大きくなります。

この場合には敷金が返ってくることはなく、それどころか敷金だけでは賄えないような室内の修繕や消臭のために、多額の費用を請求されることもあります。

ほかの住人に迷惑をかけてしまった場合には、損害賠償を請求されることもあるでしょう。

退去するまでにペットの存在を知られることがなかったとしても、引き渡しの立会いの際に室内の様子で見つかってしまうことも考えられます。

このようなことから、賃貸住宅でペットを飼いたいと思うのであれば、絶対にペット可の物件を選ぶ必要があるのです。

入居審査でペットの面接を行うところもあります

ペット可の賃貸物件であれば、どのような動物でも飼えると思っている人が多いかもしれませんが、物件によって飼えるペットの種類や大きさ、頭数には制限が設けられていることも多く、契約をするのであれば、ルールは守らなければなりません。

場合によっては入居審査でペットの面接を行うところもあり、これらはペットトラブルが起きないかどうかを判断する審査です。

面倒だと思う人もいるかもしれませんが、印象が悪ければ入居審査に通過できない可能性もあります。

ペットと生活を始めるためにも、必要な書類をそろえしっかりと面接を受けましょう。

賃貸住宅でのペットトラブルは、飼い主の身勝手な考えや行動により、無用なトラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

賃貸住宅でペットを飼うのであれば、ペット可の物件を選び、ルールをしっかりと守ることが求められます。

まとめ

・アパートやマンションで飼っている人は意外にも多く見られます

・鳴き声がしなければ大丈夫だろうと軽く考えている

・当然のことながら契約違反となるので退去を迫られる可能性が大きい

・損害賠償を請求されることもある

・入居審査でペットの面接を行うところもある

・賃貸住宅でペットを飼うのであれば、ペット可の物件を選ぶこと!

以上です。

-ペットトラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ