騒音トラブル

賃貸住宅で起こる騒音トラブルはいろいろですね

はじめに

賃貸住宅のトラブルで多いのが、子どもの騒音です。

バタバタと走り回る音からドンドンと暴れ回る物音など、日中は常に激しい騒音を立てる場合もあります。

特に上階に小さな子どもがいると騒音トラブルに発展する可能性は高いので、物音が気になる性格なら入居前に、隣や上の階を確認しておかなければいけません。

入居する前に隣や上の部屋に小さな子どもがいないか管理会社に確認したり、構造もチェックしておくと良いでしょう。

賃貸住宅で起こる騒音トラブルはいろいろです

今まで気にならなかったのに急に足音が気になるようになった、隣人の喧嘩がひどいなど、原因はさまざまですし人の感じ方も違います。

よくあるトラブルに子どもの騒音があります。

小さな子どもが騒音に気をつけて生活をするのは難しいので、ある程度の生活音は仕方ないといえますが、足音や子供の声が気になるというのは一般的なようです。

入居前に建物の構造を確認できる場合は、防音性が高い構造の住宅に入居するのもトラブルを防ぐための一つです。


建物の構造は木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造に分けられる

一般的に建物の構造は木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造に分けられ、これらの中で一番音が響きにくいのが鉄筋コンクリートで、次が鉄骨です。(お家賃もその分高めかもしれないです)

建築年数や壁の厚さなどでも違うので、一概にはいえませんが、事前に確認できれば騒音トラブルのリスクを軽減することができます。

入居してからも少し工夫することで騒音対策になるので、小さな子どもがいる場合は下の階の人から苦情が来たらどうしようなどと不安に感じながら生活するよりも、思い切って行動することが大切です。

子どもがいて騒音につながるケースは赤ちゃんの夜泣きや、歩いたり走り回る時の足音、飛び跳ねる時の音などです。

バタバタと走り回ったり、ジャンプしたときの音は気になることが多いようなのでなるべく気をつけたいものです。

ジョイントマットや、厚みがある低反発のカーペット、フカフカの絨毯などを敷く

まず、足音ですが、床や廊下に衝撃を吸収する素材でできたジョイントマットや、厚みがある低反発のカーペット、フカフカの絨毯などを敷くと効果的です。

絨毯やカーペットが衝撃を吸収し音を響きにくくします。

泣き声や騒ぎ声については、部屋に配置する家具のレイアウトを考えたり、壁に防音シートを貼ったりします。

隣の部屋に面している壁に高さのある家具を置いたり防音効果のあるシートを貼ることで、騒音の原因となる空気の振動が直接壁に伝わるのを防ぎ、騒音を軽減することができます。

それでも苦情がきたら、素直に子どもと一緒に謝りにいくこと

もしそれでも苦情がきたら、素直に子どもと一緒に謝りにいくことです。

もし室内に先ほど紹介したような対策をしていないなら、すぐに対策を施し、注意して聞くことのできる年齢の子どもであれば気をつけるように言います。

頭ごなしに怒るのは子どもの成長に影響するので控えます。

絶対にやってはいけないのは、直接話し合うことです。

お互いに感情的になりやすいですし、売り言葉に買い言葉でもっとひどいトラブルに発展する可能性もあります。

必ず管理会社の担当者や大家さんに間にはいってもらう

話し合うときは、必ず管理会社の担当者や大家さんに間にはいってもらいます。

管理者や大家さんはプロなので、これ以上の面倒なトラブルを招くことなく解決に導くことができるはずです。

まとめ

・賃貸住宅で起こる騒音トラブルはいろいろ

・賃貸住宅のトラブルで多いのが、子どもの騒音

・足音や子供の声が気になるというのは一般的

・一番音が響きにくいのが鉄筋コンクリートで、次が鉄骨

・素直に子どもと一緒に謝りにいくこと

・必ず管理会社の担当者や大家さんに間にはいってもらうこと

以上です。

-騒音トラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ