ペットトラブル

新築でも急増中!ペット可賃貸物件

はじめに ペットトラブル増加中

近年では賃貸住宅でも、ペットの飼育が可能な物件が非常に増えてきています。

しかしこのようなペット可の賃貸マンションやアパートであっても、価値観やマナーが異なる住民の間では、ペットトラブルに発展するケースも見られます。

お互いのコミュニケーションがすれ違うことによりトラブルに発展することもありますが、事前に問題の原因について把握しておくことが重要です。

近年では核家族化や高齢化などに伴い、アパートやマンションなどといった賃貸住宅でも、ペットを飼う家庭が当たり前のように増えてきました。

一言でペットといっても、水槽で飼う金魚のようなものから、犬や猫、珍しい爬虫類など様々です。

しかしペットを飼う際に一番気をつけなければならないのが、近隣とのトラブルと言えるでしょう。

ペットトラブルとしては鳴き声

ペットトラブルの原因は様々ですが、まず第一に挙げられるペットトラブルとしては鳴き声が挙げられます。

ふだん家を留守にすることが多い場合には、ペットも淋しさから無駄吠えをすることが多くなってくることでしょう。

鳴かない動物であれば特に問題はないかもしれませんが、犬や猫、鳥などといった鳴き声を発する動物の場合には、どうしても鳴き声が騒音となり、近所に迷惑をかけることになります。

鳴き声が小さければよいというわけではなく、他人が不快だと感じた場合には、すべて騒音となります。

廊下や玄関、窓際などといった場所は、ペットが過敏に反応してしまう場所であり、ストレスにもつながります。

ペットトラブルの2番目には排泄が挙げられます

実際によくおこりがちなケースとしては、廊下やエレベーターの中などといった共用部分に排尿の跡が見られたり、排せつ物が未処理のまま残されているなどといったことと言えるでしょう。

これらは多くの人が非常識だと思うかもしれませんが、実際によく起こっているケースです。

特に排尿の場合には、後処理はしなくてもよいと考えている人が多く、放置すること自体が近隣の住民の不満を募らせてペットトラブルの原因につながることがあります。

そして三つ目にはにおいの問題が挙げられます

動物であるためある程度のにおいは発することは当たり前かもしれません。

一緒に生活していれば愛着もありにおいも気にならなくなるかもしれませんが、他人からすれば不快なにおいにもなりえます。

例えばベランダで排せつをさせている場合などは、風に乗り隣近所ににおいが漂うこともあります。

ベランダは洗濯物を干したりする場所でもあるので、いやだと感じる人は多いです。

適切に処理をしたり、手足を濡れタオルで拭くなどといった衛生面には十分に気をつけたいところです。

このようにさまざまなトラブルが挙げられますが、すべては飼い主のモラルの問題と言えるでしょう。

ペットに限らずささいなことが近隣トラブルにつながるので、ルールを守ったり他人の立場になって考えることは当り前です。

そして未然のトラブル防止策としても、近隣の方には日常的にコミュニケーションをしっかりとるようにしましょう。

まとめ

・近年では賃貸住宅でも、ペット飼育可能な物件が非常に増えている

・価値観やマナーが異なる住民の間では、ペットトラブルに発展するケースも

・一言でペットといっても、水槽で飼う金魚のようなものから、犬や猫、珍しい爬虫類など様々

・ペットトラブルの1つ目は鳴き声

・ペットトラブルの2つ目は排泄

・ペットトラブルの3つ目はにおいの問題

・未然のトラブル防止策として、近隣の方には日常的にコミュニケーションを

以上です。

-ペットトラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ