騒音トラブル

子どもの騒音トラブル  賃貸住宅で多い

はじめに

賃貸住宅のトラブルで多いのが、子どもの騒音です。

バタバタと走り回る音からドンドンと暴れ回る物音など、日中は常に激しい騒音を立てる場合もあります。

特に上階に小さな子どもがいると騒音トラブルに発展する可能性は高いので、物音が気になる性格なら入居前に、隣や上の階を確認しておかなければいけません。

入居する前に隣や上の部屋に小さな子どもがいないか管理会社に確認したり、構造もチェックしておくと良いでしょう。

管理会社に質問したり廊下やベランダなどに子ども用のおもちゃが置いていなければ、騒音トラブルに悩まされる可能性は減ります。

また壁や床の厚さが十分にあり防音対策もされているなら、小さな子どもがいても物音は気にならなくなるでしょう。

一旦気になりだすとストレスが爆増する?

一旦入居しトラブルに巻き込まれると常に物音が気になり始めて、多大なストレスを感じます。

こころ静かに落ち着いた暮らしをしていくためにも、入居前の確認は重要なポイントです。


加害者にとっても重要な問題となります

子どもの騒音トラブルは、被害者だけの問題だけではありません。

加害者にとっても重要な問題で、隣室や真下の部屋から苦情が来ると賃貸住宅内で肩身の狭い思いをします。

何度も苦情が来るようなら直接謝罪に行く必要もあるので、入居者同士でギクシャクする原因にもなるでしょう。

もし小さな子どもがいるなら、対策をしておかなければいけません。

防音対策もいろいろあり

・床に防音効果のあるマットやカーペットを敷く。

・壁際に背の高い家具を置くことによって通り抜ける音は減らせる

・遮音シートを壁に貼ったり遮音カーテンを使うなども有効な対策

以上のように、騒音トラブルの加害者にならないためにも十分な対策をしておきましょう。

まずは賃貸住宅の管理会社に苦情を入れましょう

子どもの騒音に悩まされていると、直接加害者の部屋を訪れ文句を言いたくなるかもしれません。

しかし加害者と被害者が直接話し合いをしても、感情的な対立になりやすく根本的に解決できません。

子どもの騒音問題を解決するためには冷静な話し合いが重要ですから、物音が気になるならまずは賃貸住宅の管理会社に苦情を入れましょう。

管理会社に苦情を入れれば、加害者に対し注意をしてくれます。

管理会社から苦情が来ていると伝えられれば、加害者も聞き入れやすくなり気をつけてくれるかもしれません。

それでも解決しなければ直接の話し合いになりますが、あまりにもしつこく苦情を入れていると逆ギレされる可能性もあるでしょう。

もし管理会社に何度も苦情を言っても改善されないようなら、最終的には引越しも考える必要があります。

まとめ

・賃貸住宅での子どもの騒音トラブルは多い

・入居前に、隣や上の階を確認する

・壁や床の厚さが十分にあり防音対策されているのか?

・防音対策もいろいろあります

・まずは賃貸住宅の管理会社に苦情を入れるとよい

 

以上です。

-騒音トラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ