騒音トラブル

あえぎ声なかなか当事者が気づきにくいのも問題です

賃貸住宅での騒音トラブルは珍しいものではありません

なかなか当事者が気づきにくいのも問題ですあえぎ声

騒音というものは、発生元になる本人はどの程度周囲に影響を与えているのかわかりにくいものだけに、揉めやすいものです。

その中でも特に厄介なものとしては、あえぎ声による騒音があります。

壁一枚隔てたところで情事の声が聞こえてくるというのは気分のいいものではありませんし、小さな子供がいる家庭では教育にもよくありません。

また、夜に行われるものであるだけに睡眠の妨げになることもあり、睡眠不足になってしまうこともあります。

意図して出している音ではなく、自然と出てしまうのも問題を難しくしています。

気をつけていれば防ぐことができるのではなく、当事者は気をつけているつもりでも思わず声が出てしまうものだったり、声を抑えているつもりでも周りの部屋からはまる聞こえだったりと、なかなか当事者が気づきにくいのも問題です。

何より問題なのが注意をしにくいところにある

何より問題なのが注意をしにくいところにあり、事が事だけになかなかはっきりと相手に伝えることは難しいものです。

例えば楽器の演奏であればそれ自体が人に知られて困るようなことではないので、指摘する方もそこまで気を使うことはありません。

ところが、これが男女の営みともなれば普通であれば、周囲に知られたくないようなことですから、指摘されるのも嫌なものですし、指摘する側も口に出しづらいものです。

注意をすることで騒音が止んだとしても、その後の付き合いがギクシャクしてしまうことを考えると、あえぎ声を指摘するのは勇気がいります。

遠回しに言うのは逆に自分も相手も恥ずかしくなってしまうものですし、あまりにオブラートに包んで言えば伝わらないこともあります。

管理人に頼む手もありますが、その場合にしても騒音トラブルを訴えた住人はある程度予測ができますから、気まずくなってしまう可能性は高いと言えるでしょう。

更に管理人に相談をするにしても、あえぎ声がうるさいということを打ち明けるのは第三者とは言え抵抗がありますから、第三者に対しても相談をしづらいというのが厄介なところです。

あえぎ声は解決のためのきっかけすら作れないと考えると深い問題

このようにあえぎ声による騒音トラブルは、話し合って解決しにくいのが一番大きな問題となります。

話せばわかってくれる相手であったとしても、話しにくい内容であるだけにこのようなトラブルに巻き込まれてしまうと悩みを抱え込んでしまいがちです。

騒音トラブルはどれも解決が難しいものですが、あえぎ声は解決のためのきっかけすら作れないと考えると深い問題と言えるでしょう。

まとめ

・あえぎ声壁一枚隔てたところで情事の声が聞こえてくる

・夜に行われるものであるだけに睡眠の妨げになる

・小さな子供がいる家庭では教育にもよくありません

・あえぎ声を指摘するのは勇気がいります

・その後の付き合いがギクシャクしてしまうかも

・あえぎ声は解決のためのきっかけすら作れないと考えると深い問題かも

 

今回は以上です。

-騒音トラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ