騒音トラブル

うるさいぞー! アパキタ@不動産

はじめに

私の友人の話をまとめました。

なるべくなら、騒音トラブルに巻き込まれたくありません。

快適なアパート暮らしができたら、それだけでも幸せですね。

いろんな知恵があります。

子どもが原因の騒音トラブル

賃貸住宅の場合には、そのほとんどが集合住宅といってよいです。

アパートやマンションが多く、隣と壁を挟んで接していることから、騒音問題に発展する可能性が高くなります。

騒音問題の中でも多く聞かれることとして、子どもの騒音トラブルが挙げられます。

アパートやマンションの場合には、共同住宅なのである程度の生活音は仕方がないことです。

しかしアパートは構造が木造や軽量鉄骨造となっていることから、想像以上に、隣はもちろん、上の階にも下の階にも音が響きやすいと言えます。

幼い子供の場合には、我慢の限界を迎える?

幼い子供の場合には、いくら注意しても走り回ってしまうことが多く、足音や振動が非常に響いて、我慢の限界を迎えてしまう人も見られます。

小さな子供に注意しても、それを意識して生活してもらうことはなかなか難しいため、保護者が子どもの騒音トラブルに発展しないように、事前に対策を施す必要があります。

まず最初に騒音につながってしまう恐れがあるシチュエーションとしては、赤ちゃんの夜泣きやハイハイで移動する音、歩いたり走りまわったりする時、おもちゃで遊んでいる時などがあげられます。

このようなさまざまなシチュエーションによって、音や振動が響いてしまうことになります。

足音や振動対策としては、スリッパをはく

足音や振動対策としては、スリッパをはくことにより多少解消されることでしょう。

しかし床自体にも対策を施すことが大切です。

衝撃を吸収することができるジョイントマットや、厚みのある低反発のカーペットなどを敷くことによって、ある程度の効果が期待できます。

子どもが走り回る可能性があるのであれば、これらは廊下にもしいておいた方がよいでしょう。

隣人の部屋の壁側に高さのある家具を並べる

また子どもの騒音トラブルに巻き込まれないための対策では、隣の部屋に面している壁に高さのある家具を並べてみましょう。

本棚やタンスなどといった、ある程度高さのある家具を置くことによって、壁を通過する音を遮断することができ、若干ではありますが騒音を軽減することができます。

また賃貸でも対応が可能な遮音シートやパネルを貼ったり、遮音カーテンを付けるなどの対策も効果的です。

小さな子供がいて、賃貸住宅で暮らしていると、いつクレームが来るのではないかとひやひやしている人もいるかしれません。

しかしトラブルに発展しないための対策を行うことにより、不安も多少は軽減できるはずです。

騒音問題は、ファミリー層はもちろんのこと、単身者にとっては非常に大きな問題となります。

お互いに快適な生活を送るためにも、自分たちにできることをすすめていくことが大切です。

まとめ

・子どもの騒音トラブルが多い

・足音や振動対策としては、スリッパをはく

・ジョイントマットや、厚みのある低反発のカーペットなどを敷く

・隣人の部屋の壁側に高さのある家具を並べる

・遮音シートやパネルを貼ったり、遮音カーテンを付ける

・お互いに快適な生活を送るために大切

 

以上です。

-騒音トラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ