ペットトラブル

ペットトラブルあるある

はじめに ペットトラブル

新築でも急増中!ペット可賃貸物件

近年では賃貸住宅でも、ペットの飼育が可能な物件が非常に増えてきています。

しかしこのようなペット可の賃貸マンションやアパートであっても、価値観やマナーが異なる住民の間では、ペットトラブルに発展するケースも見られます。

お互いのコミュニケーションがすれ違うことによりトラブルに発展することもありますが、事前に問題の原因について把握しておくことが重要です。

トラブル1 鳴き声や物音などの騒音

ぺットトラブルの原因はさまざまなことが挙げられますが、まず第一に鳴き声や物音などの騒音が挙げられます。

犬や猫などといったペットを飼う人が多いですが、この場合には、鳴き声が気になるという人が隣や上下階に住んでいるケースもあり得ます。

しっかりとしつけがされているペットであれば、それほどムダ吠えはしないかも知れませんが、防音性が低い壁であったり、床にも何も対策がないのであれば、十分な対策が必要です。

しつけが難しいのであれば、トレーナーなどといったプロに依頼することも一つの手段です。

ペットが動き回るときの足音や物音も意外にも響くものです。

このような物音に敏感に反応する人も多いので、その対処法としては、床にカーペットや防音マットを敷くなどの対策が求められます。

トラブル2 ペットの排泄物や体臭のにおい

トラブルの原因として二つ目に挙げられるものはにおいです。

ペットのにおいとしては排泄物や体臭のにおいがあげられるでしょう。

排泄物の場合には、犬の場合には毎日散歩を行うことによって、それほど粗相をすることはなくなるかもしれません。

猫も専用のトイレを用意することにより、この問題は回避することができます。

近年ではトイレの容器や砂なども消臭効果が高いものも開発されているので、気になるのであればこのような効果が高いものを使うのもよいでしょう。

体臭に関してはこまめにシャンプーを行うことによって、大幅な軽減が期待できます。

体臭を抑えられる成分が配合されているフードも販売されているので、このようなものを試してみるのもよいでしょう。

そのほかに考えられることとしては、規約が守られていなかったり、マナー違反が挙げられます。

ペット可の賃貸物件であっても、飼育が可能となっているペットの種類や頭数、大きさや体重などがきめられていることも多く見られます。

小型犬と定められているのに大型犬を飼っていたり、後から動物を増やすのも規約違反と言えるでしょう。

規約違反が見つかれば退去しなければならないケースもあるので、規約内容の確認は重要です。

まとめ

・賃貸住宅でも、ペットの飼育が可能な物件が非常に増えている

・価値観やマナーが異なる住民の間では、ペットトラブルに発展する

・第一に鳴き声や物音などの騒音

・トレーナーなどといったプロに依頼することも一つの手段

・対処法としては、床にカーペットや防音マットを敷くなどの対策

・ペットの排泄物や体臭のにおいのトラブル

・猫も専用のトイレを用意すること

・規約内容の確認は重要です

以上です。

 

-ペットトラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ