アパート探し

アパートとマンションの違うところは何?

私の友人であり以前は不動産屋をやっていたひとからのお話を紹介

アパートが良いか、マンションの方が良いのか?

その人それぞれの事情があったりもします。

そこで、おおよその違いというものをおさらいしておきたいと思いました。

法的な定義はありませんが、ざっくり説明しますと以下のようになるでしょう。

小さくて家賃が安めの物件が「アパート」

大きくて家賃が高めの物件が「マンション」

一般的に「アパート」または「マンション」と呼ばれる物件の違いを、以下で解説します。

アパートとマンション それぞれの違い

建物構造の違い

アパートの多くが木造か軽量鉄骨造です。

木造も軽量鉄骨造も、あまり頑丈な構造じゃないですが建築コストが安いため、階数が低い建物によく採用されます。

一方でマンションは、鉄骨の厚みが6mm以上の「重量鉄骨造」や「鉄筋コンクリート造(RC)」「鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)」の構造となっている物件が通例です。

重量鉄骨造やRC造、SRC造は、骨組みがしっかりしていて頑丈な構造ですので、階数が高く、部屋数が多い大型の建物に採用されます。

性能の違い

アパートは、マンションと比べてみて壁が薄く、音を通し易いため防音性が乏しいです。

耐火・耐震性もマンションに対しては劣りますが、防火素材を使っていたり、耐震基準に乗っ取って建てられているので、地震等で簡単に崩れることなどありません。

マンションは建築素材にコンクリートが用いられていることが多く、壁が厚く耐久性があるため防音・耐火性に優れてます。

階数の違う所

アパートは3階よりも低い建物で、マンションは4階を超える建物と区別されることが殆どです。

このため、エレベータなしがアパート、ありがマンションという様なことがあります。

しかし、築年数が古い4階建て以上のマンションでも、階段だけということがあるので、エレベータの有り無しだけで区別しない方が良いです。

部屋数が違うところ

アパートは建物自体が小規模で戸数が少なくて、住める世帯数が多くないです。

2階建てのアパートだと、最大でも20世帯くらいしか住めません。

マンションは、アパートよりも階数が高い分、部屋数も多いようです。

タワーマンションなど大型ともなれば、100世帯以上住めるという物件もあるのです。

賃貸料の違い

アパートは建設コストが安いことから、家賃が安めと設定されています。

一方のマンションは、建設コストが高いため、家賃も割高になっています。

そして、アパートは全体の玄関がなく共有スペースは廊下や階段だけなので、管理費・共益費が安くなります。

マンションには、24時間常駐の管理人がいたり、エレベーターが完備されている分、管理費・共益費が割高に設定されていることが大概です。

自分にマッチした部屋を見つけよう!

アパートのメリットとデメリット

アパートは、マンションと比べて賃貸料や管理費・共益費が安くなります。

その分、性能や設備状況が劣ります。

とにかく木造は、通気性が良く夏でも涼しく快適に生活できます。

その反対に、音を通し易く、隣人や上下階の物音だけに限らず、車の音や公園で遊ぶ子供の声など周辺状況の音が聞こえます。

しかも、階層が低く窓から不審者が入ってきやすい、管理人がいないことが殆どで、セキュリティー面に心もとなさを感じます。

アパートに住むなら、セキュリティーステッカーを窓と出入り口に貼り付けるなど、ご自分でできる防犯対策を行っておいた方が良いでしょう。

マンションのメリットとデメリット

マンションは、アパートと比較すると防音性・耐震性とか性能が優れてます。

その代り、建物自体の建設コストが割高で、家賃や管理費・共益費も高く設定されております。

マンションは、重量鉄骨造・RC造・SRC造など、骨組みがどっしりしている構造です。

とりわけRC造とSRC造はコンクリートを使用しているから、音が通りにくく防音性に優れています。

そして、コンクリート自体劣化しづらく、火に強いといった性質をもつので、耐震性・耐火性・耐久性といった性能も優れてます。

ほとんどのマンションでは、管理人在住、出入り口に防犯カメラつきなので、アパートよりもセキュリティ性に優れています。

しかし、家賃や管理費・共益費が高いです。

これ以外に、通気性が悪く湿った空気がこもり易いので、結露やカビが生じやすいというデメリットもあるのです。

アパートとマンションならいずれに住むべき?

  どっちか迷うなぁ?

アパートに住むのにあっている人と、マンションに住むのにあっている人のイメージをまとめてみたので、自分はどちらの物件に住むと良いか見分ける際に役立てて下さい。

アパートにあっている人の特徴

部屋の築年数や設備に重きを置くよりも、やっぱり費用を抑えたいという人は、アパートが相応しいです。

さらに、アパートに向いている人の特徴を一覧にしてみました。

下記に当てはまる人はアパートに住んでも、ストレスなく生活することができます。

・家賃の安さに重きを置いて住みたい

・築年数やお部屋の設備は気にかけない(3点ユニットバストイレ等)

・通気性の良いお部屋に住みたい

・隣近所付き合いが苦手じゃない

共有部分が廊下か階段以外ないので、管理費・共益費が安くなります。

通気性が良いので、夏のエアコン代も軽くできます。

そしてアパートは世帯数が少ないため、同じ入居者と何度も出くわす割合が高くなるのです。

隣近所付き合いが苦手ではない、お会いしたら挨拶するという人はアパートが合っています。

マンションにあっている人の特徴

収入に余裕がある、多少家賃が割高になっても、部屋の性能を大切にしたいという人は、マンションに合っています。

・音に敏感で、防音性を重要視したい

・耐震、耐火、耐久性を重視したい

・セキュリティの高い建物に住みたい

・隣近所付き合いは最小限に減らしたい

構造的に音を通しにくい性質があるため、物音に敏感な人や、朝まで目覚めさせられることなくぐっすり睡眠をとりたい人にもピッタリです。

そして、コンクリートの性質を活かして、耐震性・防火性・耐久性にすぐれているので、自然災害や老朽化にも強いです。

オートロックがついていたり、共有スペースに監視カメラが取り付けられている建物が多く、防犯性能が高いです。

また、3階以上に住めば外に洗濯物を干しても盗られる可能性が低いです。

アパートと比べて建物全体の部屋はいっぱいあるので、毎日同じ人と出くわすことが少ないです。

挨拶だけなど、最低限の隣近所付き合いをしかしたくない人は、マンションのほうがいいです。

 

今回は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

-アパート探し

© 2021 アパキタ不動産のブログ