火災保険

火災保険で水漏れ修理費用が出たよ

はじめに

アパートやマンションのような物件で起きる代表的なトラブルの一つが水漏れのトラブルになります。

水漏れの発生原因にもよりますが、加害者と被害者がいるような水のトラブルになると複雑な事件に発展することもあり得ます。

アパートやマンションは火災よりも水漏れトラブルのほうが、はるかに頻度が高いです。

アパートマンション暮らしでは、火災保険加入は必須ですね。

私の知人である杉山さん(仮名女性50代)の事例です。

トイレの水回りが壊れていた

アパートに住んでいた時に、水のトラブルで火災保険を使ったことがあります。

火災保険で解決したのでほんと良かったです。

具体的には、トイレで水漏れを起こして、床材や壁紙などをダメにしていまいました。水漏れ自体は自分が悪いわけではないのですが、不可抗力というか仕方がない事だと思っていたのですが保険を使えるということを聞いて、実際に使って解決したのでうれしかったです。

トイレの水回りが壊れていたのです。

ですが、実際にトイレの修理に保険が使えるわけでは無いです。

そうではなくて火災保険につけていた水漏れ保険というもので床材や壁紙をなおした時にかかった料金に保険が使えるということになります。

火災保険で水漏れ修理費用が出たよ

トイレの水漏れはいつ起こるかわからないので、保険が使えるのは正直言って非常にありがたかったです。

壁や床の修繕費用は馬鹿になりません。

はじめは火災保険と何の関係があるのか初めはわかりませんでしたが特約のような形になっていたみたいです。

現在、火災保険に入っている人は多いと思いますができればこういう特約はつけておいた方が得です。

火事になることはそれほど多くは無いと思いますが、水のトラブルは結構はあります。

例えば階下の人に水のトラブルで迷惑をかけてしまうケースは結構あります。

上階に住んでいるひとは特に注意したほうが良いですよね。

万一の時に、火災保険を使うことができるので火災保険のオプションをつけておいた方が良いです。

実際、アパートは火災保険に入らなくてはならない仕組みになっているので入居の際に入っていました。

ただ、水漏れトラブルで火災保険が使えることを忘れていたのですがこれが思わぬところで役に立ちました。

水のトラブルというと、私のように水漏れが圧倒的に多いのではないでしょうか。

今回はトイレの水漏れでしたが、お風呂があふれたり排水管系はトラブルが多いみたいです。

水漏れ補償をつけていたおかげで、修理費用も掛かりませんでしたし今後も水のトラブルになったら保険を使って解決することができると思うと安心して住むことが出来ます。

ただでさえ、水のトラブルで不安になっているのに、さらに修繕費用の支払いで心配になるのは出来れば避けたいです。

火災保険更新時期は、特約を見直して付けましょう

更新時期に手続きを忘れてはいけません。

火災保険ですが、毎年更新時期が来ると思うのですが、そんな時には特約を見直すなどされては如何でしょうか。

手厚く火災保険に入っている方が万一の時に、安心です。

水のトラブルは予期せぬタイミングで訪れるので、現在入っている火災保険はいったん確認したほうが良いです。

コールセンターに電話して結構スピーディーに振り込んでもらえました。

手続きはちょっと面倒に感じるかもしれませんが、もらえる物はもらわないと損ですしその分掛け金を支払っているので水のトラブルが起こった時には火災保険のチェックがお勧めです。

今回火災保険を使ったことで、非常に助かりました。

 

以上です。

-火災保険

© 2021 アパキタ不動産のブログ