駐車場・駐輪場に関するトラブル

駐車場トラブルでよくあるものです

はじめに

アパートやマンション敷地内にある駐車場は設置場所が様々です。

そして想定外のトラブルはある日突然やってきます。

明日は貴方に降りかかるかも?

いずれにしても、駐車場トラブルは未然に防ぎたいものです。

今回は私の友人Dさんのお話です。

ではどうぞ。

オイ!別の車が駐車していて車を停められないぞ

駐車場トラブルでよくあるものに、契約した区画や自分が所有するスペースに、別の車が駐車していて車を停められないケースです。

このケースのトラブルが発生する要因は、単純に他のスペースを借りている人が区画を間違えた場合と、無断で駐車している場合が存在します。

単なる区画の間違えが解決したケースでは、駐車場の管理会社に連絡して、契約データなどを照合してもらって、相手に連絡してすぐにどかしてもらえる事もあります。

無断駐車の場合でも、そのマンションやアパートへの来客者が、来客用の駐車スペースと間違えて駐車した場合には、すぐに解決する事もありえます。

だけども、そうでは無く悪意を持って無断駐車した場合には、駐車場の管理会社に車両ナンバーを伝えても、該当車両のデータの照合ができないため解決は難しいです。

そういった場合には管轄の警察署に連絡する方法もあります。

だけど警察に頼んでも、盗難車以外の対応はできないと断られたり、番号を伝えても登録が警察に無くて連絡が取れなくて解決できない場合も存在します。

あまりにも頻繁に同じ車が無断駐車を繰り返す場合には、管理組合に頼んで駐車禁止のポールを設置してもらうなどの方法がとられます。

誤作動することもある機械式の駐車場

それ以外の駐車場トラブルの事例に、機械式の駐車場を借りていて、感知センサーが勝手に作動して、操作が出来なくて車を停められないケースがあります。

このような誤作動が起こる場合には、契約した区画を間違えて、自分の乗っている車よりも小さい車両しか停められない区画に誤って停めた時に発生します。

また間違った区画でなくても、車を車検や修理に出して、借りた代車が大きくて駐車したところのパレットの規格サイズを超えた場合でも発生する事があります。

それ以外にも少し駐車する位置がずれていたり、ドアミラーをたたむのを忘れただけでもセンサーが感知する事もありえます。

センサーが感知した状態で機械を動かすと、飛び出した部分が擦れて車体に傷がついたり、最悪の場合は詰まって動かなくなってしまいます。

機械式の駐車場で車を停車させる時には、センサーが感知していないかをちゃんと確認する事で、トラブルを回避する事が可能です。

ドアパンチはなくならない?

他の駐車場トラブルで困った事例には、隣接する駐車車両に降りる時にドアをぶつけて傷を付けるケースがあります。

小さな子どもがいる家庭では、車から降りるときは十分ご注意ください。

大人であっても、冬など強風のときは少しドアを開けるつもりが、いっぱいまで開いてしまいます。

このように悪意はないのですがドアパンチになってしまうことがあります。

このようなトラブルを解決した事例には、警察と保険会社に公道での事故と同様に連絡して、傷ついた車両を修繕して対応したケースが存在します。

以上です。

-駐車場・駐輪場に関するトラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ