騒音トラブル

都市部に住んでいる人ほど、隣近所同士の騒音トラブルで揉めやすい

はじめに 「小さい騒音」こそ、トラブルの火種とされやすい

私の友人であり以前は不動産屋をやっていたひとのお話をまとめました。

実は 航空機の離着陸音や、工場の稼働中や建設によって起こる「でかい騒音」よりも、マンション隣近所から耳に入ってくる子どものわめき声やペットの喚き声などの「小さい騒音」こそ、トラブルの火種とされてやすいです。

加害者側は近所に迷惑な物音を、迷惑だとの解らないままに生じさせがちです。

さらに被害者側はこの被害を他の人と共有できず、ひたすら抱え込んでしまい気味で、ときに怒りを爆発させかねません。

1974年に、神奈川県平塚市で起きた、母子3人の殺害事件は、国内においての騒音トラブル殺害の「第1号」だとされています。

隣の方のピアノの演奏音を騒音と受け止めた男それによって、連続殺人にも拡大したということは当時、「それほどでもない生活上の問題が、殺人のきっかけになるかもしれない」と、驚きを以って受け止められたのです。

しかも「日本人の騒音に対しての意識が変わった」ターニングポイントに当たる事件としまして、センセーショナルに伝えられることもあったのです。

騒音トラブルが起因と思われる殺人や傷害事件は全国的に散発

ここ数年でも、騒音トラブルが起因と思われる殺人や傷害事件は全国的に散発していますし、こういった粗暴的犯罪行為にならなくても、騒音を巡って継続して隣近所の中で揉めているケースであれば、いくらでもあるだと言えそうです。

市町村や都道府県は、地元市民からの相談や苦情などを受入れています。

とりわけ「家庭生活」についてのその地域の地方自治体へのクレーム相談は、1997年から2002年にかけての5年間急増し、そのクレームの大方が騒音問題だったとのことです(2004年度 公害等調整委員会年次報告より)。

そんな時期にあたる、1999年にNHKが行ったアンケート調査(全国県民意識調査)においては、統計上、隣近所づきあいに気を配っている回答の率が最も高かった島根県と、最も低かった東京都で比較しますと、人口1万人当たりの騒音クレーム件数は、東京都の方が約8倍も多い傾向が分かっています。

たぶん、隣近所のつきあいが不足した都市部の市民ほど、隣近所同士の騒音問題で揉めやすいみたいです。

隣近所の住民が放出する音について「かなり気になる」上位6位

2015年に実施された「SUUMO 近隣トラブルに関した調査」によると、隣近所の住民が放出する音について「かなり気になる」と回答がありました上位6つは以下の通りになります。

1位 「子どもを叱責する親御さんの声」

2位 「子どもの騒々しい声」

3位 「子どもの泣き声」

4位 「ペットの喚き声」

5位 「子どもの足音」

6位 「人のしゃべり声」

室内ではしゃぎ、暴れまわっている子どもたちが放つ声や足音より更に、「もの凄く気になる」との回答が多々あったのが、逆に、それを叱り飛ばす親の声であるというのです。

そのほか、スプーンなど食器の落下音、浴室の洗面器の落下音や腰掛けの移動音、ドアや引き戸の開閉音についても、下層階への騒音に結びつきます。

「ちょっとした騒音」は、どういう訳でトラブルの要因になってしまうのか

さて、こういった「ちょっとした騒音」は、どういう訳でトラブルの要因になってしまうのか。

この原因は、以下のようにと言えそうです。

・似たような音でも、伝播のし方が違う

・騒音だけに限らず、音には、振動して伝わる媒介物に応じて「空気伝播音」と「固体伝播音」との2つに分かれます。

・マンションの上の階から下の階へ、ストレートに伝わりうる騒音は、床面に対しての固体伝播音です。

この固定伝播音にも大きく分けて2種類があげられます。

・硬質な靴のソールやヒールが床にコツコツと当たる「軽量衝撃音」と、室内ではしゃいで、跳んだり跳ねたりしている子どもが、床をドンドン踏み付ける「重量衝撃音」なのです。

そのうち、重量衝撃音は、上の階で発せられた生活音が下の階まで響き易くなるのが特徴だと言えます。

子どもが室内の床を飛び跳ねるくらいの音は、畳敷きの和室やカーペットを敷いたフローリングでも、下の階へ響き易くなるでしょう。

つまり、騒音トラブルに陥りやすいのは、重量衝撃音のほうになります。

重量衝撃音は、おおよそ48デシベル前後になると、下層階の居住者から見れば日常生活で気にかかり始める音量で聞こえるようになるといわれています。

もしも、下の階へ重量衝撃音がとどく影響を減少させるのであれば、上層階の専用部の床と、下層階の専用部の天井との隔たりの厚みを増やし、中に吸音材や振動絶縁機材を仕込むなど、重量衝撃音をブロックする為に必要な大がかりなリフォーム工事が必要です。

かと言って、軽量衝撃音がまるっきり騒音として問題が生じないということではありません。仮に、浴室や御手洗いの配水管が、壁面や天井裏間際を通っていて、深夜などに流水音が隣室に響きわたれば、そのことも騒音になってしまいます。

同等の音の大きさでも、受け止められ方がまったく違う

さて「煩音(はんおん)」と言われる問題

最近になっては、隣接した公園や学校でこどもさんたちがにぎやかに遊んでいる声さえも、「騒音」と感じ取って、苦情を付ける事例が見られます。

これについては「煩音(はんおん)」と言われる問題です。

かりに客観的な立場では騒音とはいえない音量の声が耳に入ってきたとしても、聞く人間のその時点での精神状態などによっては、騒音トラブルだと受け止められてしまうケースがあるのです。

煩音は「○デシベル以下」というような客観的な目線で測定可能な基準にあてはまるのでなく、あくまで個人の嫌悪感に基づくクレームです。

騒音問題とはさしあたり切りわけて考えてください。

例えて言えば、何かを調べていたり文章を書き下ろしたりするなど、論理的思考に基づいた作業を行っているするさなかは、つまらない物音も邪魔立てに感じ取れやすくなってしまいます。

長期間子宝に恵まれず気が滅入っている夫婦にとっては、近隣からのあかちゃんの泣き声や幼児のわめき声などが、イライラをかき立てる「煩音」ということで受けとめられるケースがあり得ます。

そして、同じ声量レベルだとしても、意味ある言葉(有意味音)を一層迷惑に感じることがあるのです。

あかちゃんの泣き声と、親が子どもを叱っている怒鳴り声では、後者の方が意味を含んでいるだけあって、つい気に掛かってしまいます。

と言えども、その方が「迷惑だ」と感じる事実というのは、ストレートに受け止めなければいけません。

煩音のクレームを、ただ単に「変な人が意図の不明なことを口にしている」と、放ったらかしにしまっていては、かえって相手方の神経を逆なでし、こじれてしまうかも知れません。

当事者のどちらの方もが「被害者意識」を持ちうる

飛行機や工事現場などがもたらす「でかい騒音」問題では、騒音の発生源とされる加害者と、迷惑を掛けられている被害者との区分けが簡単だといえるでしょう。

けれども、「ちょっとした騒音」は、誰の目にも明らかな迷惑をかぶっているなどとは評価が認められない生活音を、迷惑に感じる人が増加している為に起こっている問題です。

今の時代の人々の大半にとって、隣近所づきあいの必要性や価値が落ちており、それに伴い、日常生活においての「わずらわしさ」への耐性も低くなっています。

その一方、人付き合いが希薄な相手ほど、色々な意味での良いか悪いかや上下関係、勝ち負けを気掛かりになる人もいます。

「やかましいですよ」とクレームを付けられても、自分の間違いを受け容れて頭を下げるより先に「何故、コイツにそういうことを言われなければいけないのか」と感じざるを得ません。

自分が煩音の発生元にもかかわらず、被害者意識を持っていることも考えられるのです。

こういう要素が、他責的で攻撃的な個人的性格と結びつくケースだと、トラブル当事者のいずれもが被害者意識を抱いて、一方が他方を責め立て、互いにひたすら自己正当化を徹底するような泥仕合に巻き込まれる恐れがあります。

以上です。

 

 

-騒音トラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ