雨漏り水漏れトラブル

リビングの天井から雨漏りしていた

はじめに

私の友人であり、建築業をされていたBさんのお話です。

マンションに住んでいて雨漏りを経験され困っている方のお話になります。

加藤さん(仮名女性)からの雨漏りについてのご相談をご紹介します。

リビングの天井から雨漏りするようになって

我が家のマンションは南向きの6階に居住しています。

先月の台風でリビングの天井から雨漏りするようになっていました。

我が家の上階は、大きなベランダになっていて屋根がないのです。

そのためこういった事になっただろうと推測されます。

雨漏り修繕の施工会社は、我が家のリビングの天井にエポキシ樹脂の注入を行って対策してくれました。

一旦は雨漏りは止まったと思ていたのですが、2か月が経ったあたりから、今度は隣の洋室の天井から雨漏りしてしまうようになりました。

近いうち施工会社が再び補修しに来るようになっています。

素人なのでよく分かりませんが、どういうところを注意して補修していただいたらいいのか、相談があったのです。

マンションでよくある雨漏りの原因は

加藤さんの上階はルーフバルコニーとなっていると推察できます。

此処のアスファルト防水になにかしらの不具合があって、下階の加藤さん宅に雨漏りが起きたのだと思います。

ほんとだったら上階のルーフバルコニーの防水工事を行なうことが雨漏りをとめる最上策だと思います。

おそらくアスファルト防水の上に保護コンクリートが打設されています。

これを剥がして防水調査することは専有使用権のあるバルコニーではたやすくできるものじゃありません。

さらには、保護コンクリートを剥がしても雨漏り個所の限定が必ずできるといった保証はございません。

経験からすると、アスファルト防水の雨漏りは、平面から漏っているケースはほとんど見られません。

雨水の排水用のドレン周りや立ち上がりの壁、サッシまわりの壁やシールの隙間から水が侵入し、防水裏への入り込みが原因の場合がほとんどです。

天井裏から雨漏りをしている部位に行うエポキシ樹脂注入工事

注入工事は効果のあるやり方ですが、実際にはそう滅多には雨漏りは止まりません。

これは水の出口側にあるすき間の部分に注入して止水したけど、雨漏り個所(雨の入口)はそのままなので、水は入ってくるはずです。

ですから、その水の出口が変わるだけになり、違う部屋から雨漏りがするようになるでしょう。

そういうわけで他の場所から雨漏りしたりすると、壁紙などの補修する範囲がいたるところでとなってしまう可能性が高いです。

施工業者もそれについてはわかっているのだと思いますが、上階のバルコニーの防水工事をおこなうのは大変なことになります。

許可もないとできませんし、専有使用権のバルコニーの防水工事の費用を上階の住んでいる人が代金を払うのか、管理組合の積立てで出すのか、いくつもの問題があらわれます。

このせいで、まずはしかたなくの対応策として、上記の注入を行なったのだと推察します。

上階の出入りもしなくすみますし、そうすることで雨漏りが止まればラッキーみたいに思っていることでしょう。

元からの雨漏りを止めるための提案として

ひび割れへの水の浸入は、コンクリートへの直接的なダメージではなく内部にある鉄筋がさびて体積を膨張させることでコンクリートの捲れや浮きが起こります。

きっとラーメン構造(梁や柱で持つ構造)それにより、スラブが欠損して今すぐどうにかなるというわけじゃありませんが、そのまま放っておくことはデメリットしかありません。

結論として修繕する業者には、室内側からの補修よりも上階からの止水工事に変更するようにお願いをしてみたらいいと思います。

以上です。

 

-雨漏り水漏れトラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ