駐車場・駐輪場に関するトラブル

新車にドアパンチでは凹むぜ! 

ドアパンチ対策パーツの取り付け事例

はじめに

今回もあるある駐車場トラブル事例の報告です。

例えば貴方の新車にドアパンチされて、大きく凹んでしまったらどうでしょうか?

ドアは凹むし、気持ちは凹むでしょうか?

または、怒り爆発するかも?

想定外の駐車場トラブルはある日突然やってきます。

明日は貴方にも?

いずれにしても、駐車場トラブルは未然に防ぎたいものですね。

ではどうぞ。

遊びにきた友人が勝手に駐車したトラブル

私の住んでいるマンションは、1部屋につき車1台分の駐車場をマンション1階部分に完備しています。

ですから1階はすべて駐車場であり、住居は2階から5階までとなっているマンションです。

住人の中には車をお持ちでない方もおられまして、その方の駐車場は常に空の状態です。ところが、ある日1台の見知らぬ高級SV車が駐車してありました。

朝からずっと駐車してあるので、不審に思った住人のひとりが不動産屋へ通報しました。

不動産屋の社員がすぐに駆け付けたのですが、誰の車かわからないのです。

しばらく様子をうかがってみましたが、誰も戻ってくる様子もなく困った状況になりました。

不動産屋の社員は、実害はないにしろこれを許してしまうと今後も再発する可能性があるため、仕方なくその高級SV車のフロントガラスにガムテープで「違法駐車は迷惑料をいただきます」という張り紙をしました。

しばらくすると、不動産屋に連絡があり、そのマンションの住人の友人が遊びに来ていて、そこが空いているから止めていいだろうと勝手に判断して駐車していたことが判明しました。

結局、マンション住人の関係者ということもあり、迷惑料までは取らず口頭注意で解決したとのことです。

隣の新車にドアパンチ

もうひとつの駐車場トラブルは、小さい子どもが勢いよくドアを開けてしまったために発生してしまったトラブルです。

このマンションの駐車スペースは狭過ぎるとみんな不満をいっています。

横の車との距離が狭すぎてドアを完全には開けることができず、じわりと身体をすべりこませるようにして車内にはいらなければなりません。

ある世帯に幼稚園に通う元気な男の子がいるのですが、その子がお出掛けから帰った際に勢いよく車中からドアを開けてしまい、横の車にドアが当たって「ドーン」というものすごい音がしました。

小さな子供はスライド式ドアが安心安全

今はスライド式のドアの車がありますが、小さな子どもがいる家庭は、スライド式ドアのミニバンあたりが最適なのかもしれません。

しかし、その世帯の車は普通の開閉式ドアでした。

その瞬間を別の住人がみていて、その男の子の家族は、隠蔽することもできず、当てて傷をつけてしまった世帯に謝罪に行きました。

その傷が入った車は新車でまだ購入して間もない車だったので、ご主人の落胆ぶりは大きく、なかなか「大丈夫ですよ」というお許しの言葉はいただけなかったそうです。

結局、当てた側が保険で修理することになり、新車を購入してこれから家族で楽しもうとしていた家族は古い代車で1週間以上過ごさなければならなくなったのです。

そこのあなた、どうですか。

聞いているのも切ない話じゃありませんか。

 

今回は以上です。

 

-駐車場・駐輪場に関するトラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ