火災保険

マンションの水漏れ修繕は火災保険を使え!

はじめに

マンションなど建築物件で起きる代表的なトラブルの一つが水のトラブルになります。

マンションなどで暮らしていると、火災保険加入は必須ですね。

今回は山下さん(仮名女性40代)の事例報告です。

水漏れ発生によって損害が生じた

予想外の水漏れ発生によって損害が生じた結果、あれこれと悩んだ末に火災保険を使ったことで、強い不安感から解放されました。

水漏れ発生の原因は建物の老朽化ともうひとつは不注意でした。

この2つが偶然重なった結果、大量に水が漏れるに至りました。

しかも、発生から気がつくまでにかなりの時間が経っていたので、思いの外損害が大きくなっています。

後で分かったのですが、発見が早ければ大事には至らず、損害もここまでにはならなかったそうです。

ただ、発生してしまったことは仕方がないので、とにかく現実的な解決策を検討しました。

現状を受け入れてコツコツ修繕する方法もありましたが、水漏れは放置すると建物を駄目にしてしまうので、早めの対応が不可欠です。

しかしお金という先立つものがなければ行動を起こせませんから、お金がネックになりました。

掻き集めるにしても限度があったので、火災保険に加入していたことを思い出し、担当者に相談してみました。

火災保険が適用されないケースもあるけど

ネットによれば、火災保険が適用されないケースもあるとのことで、結果が分かるまでその点が気掛かりでした、

しばらくの日、待っていたところへ掛かってきた電話を受け取るなり、担当者から保険適用の対象だと言われ、自分はこの時久しぶりにホッとしています。

気持ち的には解決した気分でしたし、後は担当者に任せれば大丈夫とさえ思いました。

現場の写真を撮る必要があったり、申請や請求を行わなければいけない点はネックに感じましたが、それでもお金の不安が解消した点は大きいです。

早速言われた通り調査に入ってもらい、修繕の見積もりを出して必要書類を提出しました。

火災保険を使ったことで、保険料が上がってしまうのではと思いましたが、自動車保険とは違い変わらないそうです。

無事に保険金が支払われ、お金の問題が一挙に解決したことから、ようやく安心して眠れるようになりました。

手続きに多少の手間はあったものの、保険金の支払いはあっさりしていたので、もっと早く火災保険を使うことに気が付けていたならばと少しだけ後悔しました。

今後同じような問題が起こらないように、これからはこまめに点検をしたり、必要に応じた修繕が欠かせないと痛感しています。

やはり、予期せぬ水漏れ発生は金銭面を含めて精神的にもパニックを引き起こしてしまいます。

マンション暮らしに火災保険は必須

まして壁紙や床を駄目にしたり、家具家電の価値をゼロにしてしまう恐れもあります。

惨状を目の前にして何もできないのは辛く、そして無力さを突きつけられます。

ですから、今回は火災保険に加入する大切さとトラブルを未然に防ぐ対策が重要だと勉強になりました。

以上です。

-火災保険

© 2021 アパキタ不動産のブログ