煙トラブル

たばこ煙公害はある日突然に(Ⅱ)

はじめに

それは、ある日突然に襲ってくるかもしれないないです。

その恐ろしい正体は、おそろしーい程かるいものでした。

関係ないと言っている人に限って、重大事件となる可能性を秘めています。

その、おそろしいほどの軽い物体はなんなのか?

皆さん経験ありではないでしょうか。

さて、どうぞ。

喫煙者ばかり入居してきた

私は長年にわたって同じ物件に契約し続けて生活しております。

これまでは他の住民が引っ越しする機会も多くなかったものです。

しかし、最近では住民の入れ替わりが激しくなりました。

その上に新たに入居してくる住民達は、何故だか皆申し合わせたかように「喫煙者」です。

新たに引っ越してきた方々は、あからさまに屋外で喫煙をしているわけではないです。

それが喫煙者であるとわかった理由は香りやたばこの煙、吸い殻などが関係しています。

私は会社に属しているわけではなく、フリーランスという形で働いています。

その特性上1日の多くを自宅で過ごしているので、気分を変えるために室内空間の様々な場所に移動して仕事をします。

リビングやダイニングなど様々な場所に移動して仕事をするのが好きなのですが、最も好きな場所として挙げられるのがベランダです。

一日中ベランダで仕事

朝から薄暗くなる夕方まで1日中ベランダで作業に没頭している事も珍しくありません。

そのようにベランダで仕事をしている時に漂ってくるのがたばこの煙と特有の香りです。

あり、煙草を吸わない自分にとってはほのかに香ってくるだけでも気になったり頭が痛くなってしまうのです。

それから、たばこの煙の量が1人が吸っている量ではないようで驚きました。

はっきりとした白色の煙が目に見える様子で漂っているのです。

少しの時間でも、その場に居る事ができないほど強い臭いで咳き込んでしまいました。

咳き込んでいると相手方に悪いと感じますので、仕事道具はベランダに置いたまま自分だけ一旦室内に戻ります。

白色のたばこの煙が無くなった事を確認してからベランダに戻り仕事道具を回収したのですが、僅かな時間であったのにも関わらず仕事道具に煙草の臭いが染み付いていて困りました。

困りつつも約束の時間が迫っていたためそのままの洋服で、仕事道具を鞄に詰めて出かけたました。

フリーランスの仲間

すると仲が良い同じくフリーランスで活動している仲間から、煙草の臭いがすると言われてしまいました。

以上のようにお気に入りのベランダで心置きなく過ごせなくなってしまったのです。

それだけではありません。

他にも困った事案として煙草の灰や吸い殻もあります。

上階で煙草を吸っている方は灰皿などを用意して吸い殻をしっかりと灰皿に入れているようです。

ベランダに灰が

ですが、口にして吸っている時の灰や口から離して手に持っている時の煙草から僅かに灰が飛散していて、風に乗り下階の自分のベランダに灰が漂ってきます。

それ以来洗濯物は室内で干すようにしています。

布団も干せていないので日常生活が大きく変化してしまいました。

様子に困っており、

他の非喫煙者の住民からも苦情を聞いています。

時折煙草の吸殻が共用部分に落ちていたとか、その床が黒くなっていて困ったとお話しを聞きました。

管理会社へ相談

たばこを吸わない住民達は、新しい入居者らのたばこの煙で困っています。

このまま、がまんしているのも精神的に悪いですし、なにより健康被害を被っているわけです。

これは、私から管理会社に相談しなくてはいけないと思っております。

以上です。

 

-煙トラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ