駐車場・駐輪場に関するトラブル

道路はみだし

はじめに

駐車場のトラブル事例を紹介します。

はみ出し駐車多いですね。

そこの貴方、心当たりありませんか。

実は大きな声で言えないですが、あります。

ごめんなさいませ。

その他でも排気ガスとか、深夜の騒音などいろいろ起こりがちです。

いずれにしても、駐車場トラブルは未然に防ぎたいです。

ではどうぞ。

はみ出し

駐車場トラブルで多いのは、駐車スペースからのはみ出しです。

賃貸マンションやアパートの駐車場では日常的に起きており、一戸建ての場合も道路にはみ出して車を停める人は少なくありません。

スペースからはみ出していると接触事故の原因になり、また駐車がし難いといった事態に繋がります。

直接注意

はみ出しを解決した事例としては、直接注意するのが一番です。

トラブルの原因になっている本人に対して、その場で注意をすることにより、駐車時に気をつけてもらうのが一番の解決策となります。

ただし気をつけておきたいのは、トラブルの当事者が直接注意することは出来るだけ控えたほうが良いです。

当事者として被害者側とトラブルを起こしている側が直接話し合いをしても、スムーズに解決できることは少ないでしょう。

相手が素直に注意を聞き入れてくれる人ならば良いですが、はみ出しを認めず言い争いになるケースは多々あります。

いろいろなタイプのひとがいるので自分と同じように考えないかもしれないのです。

ですからマンションやアパートの住民、又はオーナーが直接注意するのは逆効果になる可能性があります。

なるべく穏便に解決したいなら管理会社に連絡するのが良いでしょう。

管理会社なら駐車場トラブルを解決したノウハウが豊富にあるので、一番効果的な方法で注意してくれます。

また相手も管理会社から注意されれば素直に聞き入れる可能性は高くなります。

住民同士やオーナーとの間で“しこり”が残ってしまうなどもないでしょう。

警察

道路にまではみ出している場合は、法律違反になる可能性が高いです。

その場合は管理会社よりも、警察に相談するのが良いかもしれないです。

道路へのはみ出しや車上荒らしなど犯罪や法律違反に関わる場合は、警察も積極的に関与してくれる筈です。

基本的にマンション・アパートなど敷地内の駐車場トラブルは警察に相談しても、民事不介入のため解決できるとは限りません。

管理会社もしくは警察に相談するのは、困った駐車場トラブルを解決する近道です。

無断駐車

はみ出しとともに駐車場トラブルで多いのは、無断駐車です。

マンションやアパートの周囲にショッピングセンターやイベント会場などがあると、無断で車を停めていく人も少なくありません。

たとえ契約者がいなくて空きの状態でも、有料のスペースに無断駐車するのは許されることではありません

無断駐車を解決するための方策として、張り紙や三角コーンがあります。

張り紙で注意喚起したり三角コーンを置いて物理的に停めにくくすることで、無断駐車は減らすことができます。

しかし張り紙や三角コーンであっても、ひとによっては無視する場合がありますから、解決できないケースはあるでしょう。

そんな場合でも、豊富なノウハウのある不動産管理会社に相談すれば、一番最適で有効な解決策を講じてくれる筈です。

以上です。

 

-駐車場・駐輪場に関するトラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ