駐車場・駐輪場に関するトラブル

無断駐車は現金一万円頂きます

はじめに

今回も駐車場のトラブル事例を紹介します。

無断駐車多いですね。

そこの貴方、心当たりありませんか。

実は大きな声で言えないですが、あります。

ごめんなさいませ。

その他でも排気ガスとか、深夜の騒音などいろいろ起こりがちです。

いずれにしても、駐車場トラブルは未然に防ぎたいです。

ではどうぞ。

無断駐車

アパートやマンションなどの駐車場トラブルの事例として多いのは、無断駐車の報告です。

住人間でトラブルになるだけではなく、住民とは関係ない人であっても駐車しているケースも目立ちますので気を付けなくてはいけません。

無断駐車の中でも、区画間違いにおいては大きなトラブルに発展する可能性は低いですが、完全な無断駐車である場合にはトラブルが大きくなる可能性があります。

基本的に、アパートやマンションの管理会社は車両データを登録してどういった人物が駐車場を利用しているのかということを確認しています。

そのため、住人同士の区画間違いなどである場合にはそのトラブルを比較的簡単に解決できます。

実例でも、管理会社に報告することでトラブルを解決したという報告はあります。

一方で、外部からの無断駐車である場合には管理会社で車両データを登録していないため相手を特定することができません。

この場合、多くの人は頭を抱えて困った状況になります。

盗難車

このような面倒なトラブルを効率的に解決した事例では、まず管理会社ではなく警察に通報をするという方法がとられています。

通報する場合には、当該車両の特徴を伝えるとともにナンバーを記録して報告することも重要です。

ただ、警察では無断駐車の問題を解決できない可能性も高いです。

これは、警察という組織は事件性のない案件では率先して行動してくれないからです。

具体的にトラブルを解決できた事例では、無断駐車されている自動車が盗難車であったケースが報告されています。

警察は、登録データからその自動車が盗難届が出されているモノかどうかを確認することができますので、該当しているデータがある場合には担当の警察官がすぐやってきて対応してくれます。

そうでない場合には、少し工夫をする必要があります。

不法侵入

既に、管理会社などに無断駐車されている自動車が住民のモノではないという確認が取れている場合には、建造物への不法侵入で相手を取り締まることができます。

法律的に、アパートやマンションの敷地内はそこで暮らしている住民や許可を得た人でしか出入りをすることができません。

これは、駐車場でも変わりありません。

外部から無断で自分の敷地が侵されている場合には、建造物への不法侵入を理由に警察に来てもらうことができます。

実際に、こういった方法で警察に対応してもらって成功した報告もありますので、状況に応じてトラブルへの対策をすることが大切です。

以上です。

 

-駐車場・駐輪場に関するトラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ