駐車場・駐輪場に関するトラブル

引越し業者と駐車場

はじめに

今回は、引越し業者と駐車場のトラブル事例の紹介します。

引越し業者が出入り口を塞いでしまうトラブル事例があります。

その他排気ガスとか、深夜の騒音などいろいろ起こりがちです。

いずれにしても、駐車場トラブルは未然に防ぎたいです。

ではどうぞ。

GMOインターネットグループの【GMOコイン】

出入り口

我が家とはいえ他人と一つ屋根の下に暮らす、アパート・マンション暮らしにはある程度の隣人トラブルはつきものです。

その中でもよくありがちな、駐車場を巡るトラブル事例の紹介です。

今回は引越し時の駐車場トラブル事例をご紹介します。

以前私が住んでいたマンションでも度々遭遇した事例です、

新たに入居するひとの引っ越し業者トラックが、駐車場出入り口を塞いでしまい車両の出入りができなくなり、トラブルになることがよくありました。

多くのマンション・アパートでは正面出入り口に隣接して敷地内駐車場の出入り口が設けられています。

そうすると引越し業者トラックを正面玄関に横付けして作業を始めると、トラックが邪魔で居住者の車両が出入りできないことが度々ありました。

ほとんどの場合正面入り口が最も大きいので、引越し業者は正面入り口にトラックを付けてしまいがちです。

引越してくる入居者に罪はないのですが、せっかくの休日に車で外出しようとしたけれど出入り口を塞がれて出られず、イライラしながら移動してくれるのを待つことになるのです。

前からいる入居者にしてみれば、怒りの矛先を向ける相手は新たな入居者になりがちです。

休日

引越しは土曜日・日曜日に行われることが多いのもトラブルが多くなりがちです。

また引越し業者も最低限の人員で来ていることが多いのです。

常にトラックに誰かを残し他の入居者に迷惑をかけないように配慮する、という業者はあまり多くありません。

そして新たな入居者は新居の中で采配を取っていることが多いため、業者のトラックの駐車位置にまで気を配っていることは少ないのが現実です。

結果として堪忍袋の緒を切らした、前からの入居者に怒鳴り込まれてから慌ててトラックの移動をお願いする、という羽目になってしまいます。

こうなると引越し初日から隣人トラブルの芽を抱え込むことになり、新生活が始まるというのにテンションはダダ下がりで目も当てられません。

私が以前住んでいたマンションは分譲マンションだったので、管理組合がありました。私も何度か管理組合の理事長を務めたことありますが、引越し業者や本人にではなく理事長にクレームを言ってくる入居者もいて、閉口したものです。

些細なトラブルではあるのですが、いろんな人を巻き込み先々つまらない目に会いやすいトラブルでもあります。

引越し事前準備

事前に引越し業者に出入り口付近の駐車しなければならないときの配慮をお願いする、あるいは自分たちが目を配り、前からの入居者に迷惑をかけないようにすることで、避けられるトラブルでもありますので引越し事前準備の一つの項目にして気をつけたいものです。

以上です。

 

-駐車場・駐輪場に関するトラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ