雨漏り水漏れトラブル

水は上から下へ

バケツが足らない雨漏り

はじめに

今回ご紹介する事例は、どちらかといえば「大家さん」か「不動産管理会社」向けになるかもしれません。

アパートに付きものといえば、水トラブルあるあるです。

これを読まれている貴方も、ひょっとしたら将来アパートの大家になるかもしれないですね。

もしもアパート暮らしで水漏れを発見したら、すぐに連絡しましょう。

「早期発見早期治療」は、建物であるアパートにも当てはまるのです。

ではどうぞ。

 塗装

室内で雨漏りや水漏れが発生する事例は少なくありません。

特に老朽化した建物では多く、しっかりとした対策が必要な場面が多々あります。

水トラブル発生の原因として多いのは、屋根や外壁の痛みになります。

これらの部位に損傷が発生してしまうと、そこから水が室内に侵入してきます。

屋根から雨漏りをするのは容易にイメージできますが、実は外壁も大きな原因です。

塗装が劣化してくると外壁材がむき出しになったり、外壁材の隙間が広がってしまい、そこから水が侵入してくるわけです。

水漏れの原因はひび割れであることが多く、塗装前に補修しておく必要があります。

外壁塗装の頻度は1015年に1回程度が好ましく、この頻度は昔と比べて長くなってきました。

塗料の耐久性が弱かった時代ですと、7年くらいで塗替えするのが適切でした。

現在は長持ちする塗料が登場しているので、10年以上のサイクルでも問題ないのです。

ただ使用する塗料によって持ちは変わってきますので、事前によく確認しておく必要があるでしょう。

いずれにしても、雨漏りが発生している状態を放置しておいても、状況は決してよくなりません。

水は上から下へと落ちて滲みてゆきます。

ますます悪化していきますから、早急に修繕をする必要があるでしょう。

 これ、人間に例えると「歯」と一緒ですね。

一度悪くなったら最後、すぐに歯医者様へ駆け込みましょう。

早期発見早期治療です。

建物であるアパートも、歯の治療も同じということです。

【水漏れ】≪お電話1本で急行≫急なトラブルも年中無休、安心価格でサービス満点!

 たらい

雨漏りの発生している建物からは、室内に雨水が落ちてくることが多々ありました。

そうしたときは、たらいやバケツを置いて対策している人は少なくなかったです。

しかしこの対策は室内の床を濡らさないという意味では効果的ですが、根本解決には至らないので放置したらダメです。

長い間放置しておくと建物の中まで濡れているので、床下が腐るなどの問題が発生しやすいです。

シロアリは湿った木材を好んで侵食するため、シロアリ対策のためにも雨漏りは速やかに解消してください。

放置しておくと、建物が傾いてしまいます。

 屋根

塗装をするときは屋根と外壁を当時に行うのが好ましいです。

時期を別々に設置してしまうと、工事のたびに足場を組むことになります。

そうなれば工事の総費用が高くなり、例えば2030万円も上乗せになるケースは多々あります。

水トラブル発生のときは速やかに対処するのが基本であり、放置するほど建物の寿命を短くしてしまいます。

建物は水に弱い性質があるため、屋根や外壁塗料で守っています。

しかし塗料は紫外線による熱ダメージに弱い性質があり、経年劣化した建物の塗装は傷んでいることが多くあります。

特にチョーキングと呼ばれる状態が発生し、表面から粉が発生するようになったらそろそろ塗装する時期がきたということです。

早めに塗替えをして雨漏りが発生しないように修繕する必要があります。

 火災保険

火災保険に加入していると、いざ水漏れトラブルにあったとき保険金をもらえるケースもあります。

火災保険についてのお話は、また別の機会にできたらと思います。

なるべくなら、地震保険も含めて充実した保険に加入しておくことをお勧めしたいです。

備えあれば憂いなし

 

以上です。

 

 

-雨漏り水漏れトラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ