アパート暮らしで良かったこと

すだれ

覗かれないすだれ

はじめに

アパート暮らしで良かったことの紹介コーナーです。

どの事例でも、大家さんや他の入居者さんと仲良くできたと報告が上がっております。

現代でも、意外に隣は知らない人が住んでるなんてことはないのでしょうか。

自分のアパート住まいを振り返ると、全然ダメですけどね。

隣のひとはいるけど、偶に会釈する程度です。

では、どうぞ。

洒落な物件が多い

一人暮らしをすることになり、アパートを借りることにしました。

最初は確かに不安もありましたが、それよりも一人暮らしをすることに対する期待の方が高かったです。

そしてワクワクし希望に満ちた中でアパート暮らしがスタートしました。

今までは一軒家の実家に住んでいたので、アパートの狭さは気になるかなと思いましたが、一人なら十分な広さだと思ったし、掃除をする範囲も狭いのでアパートは良いなと感じました。

賃貸物件を探している時に分かったことは、アパートは二階建てが多いなということと、家賃もマンションに比べるとリーズナブルな物件が多いなということです。

賃貸物件はいつまで経っても自分のものにはならないし、お金の無駄かなという気持ちも少しありますが、アパート暮らしを始めて良かったなと思うことはたくさんあります。

アパートはお洒落ではないというイメージがありましたが、内装もリフォームされていてかなりお洒落になっている物件も多かったです。

駅から近くの立地条件がかなり良いなと思えるものがたくさんありました。

選択肢が多かったので自分の希望に合っているアパートを選んで見つけられたのも良かったです。

ただし物件が多いので選択肢がたくさんあって良いのですが、少し迷いました。

【大家さんの一言・大家の立場になると、競争が多いからその裏では熾烈な戦いがあるんですケド】

大家さんと住民と仲良く

アパート暮らしで良かったという点は、近所の人と少し仲良くなれたということが思わぬ嬉しいところでした。

近年では近所付き合いがほとんどないことが当たり前と思っていましたが、大きくないアパートだからこそ、大家さんとも仲良くなることができたし、その繋がりから徐々に同じアパートに住んでいる人とも顔見知りになっていきました。

どんな人が住んでいるのか把握しておくことができるのは、セキュリティの問題からしても良いことだなと思っています。

すだれ

アパートの一階を借りることにしたので、防犯面や通りから見えるのではないかなど、最初は不安に感じていて、確かに最初は洗濯物を干すのも少し不安がありました。

どうしたかというと、すだれを設置して見えにくくしました。

少しの工夫で全く気にならなくなったので問題ありませんでした。

外壁などの劣化は大家さんが対処してくれるので急な出費で悩むこともないし、室内で何かトラブルが起きた時にも、管理会社さんがしっかり対応してくれるので安心して住むことができています。

近所とトラブルになったこともないし、快適に生活することができるのでアパート暮らしを始めて正解だったなと思っています。

また、戸建てのように一階と二階を行き来する必要もないので、動線に無駄がなくスムーズに生活ができるようになったのも、アパートに住んで良かったなと感じています。

以上です。

-アパート暮らしで良かったこと

© 2021 アパキタ不動産のブログ