騒音トラブル

騒音トラブル築古アパート

築古アパート大家さんよく聞いて

はじめに

次にアパート住まいに付きものの騒音トラブルに対して、全国の皆さんからの体験談です。

なるべくなら、騒音トラブルに巻き込まれたくありません。

快適なアパート暮らしができたら、それだけでも幸せですね。

いろんな知恵が出てきます。

では、どうぞ。

コンクリマンション暮らし

大学を卒業して東京の大手企業に入社し会社の寮で生活していましたが、会社でも会社を離れても同僚の顔を見るのが嫌で、入寮して1年足らずで引っ越すことにしました。

予算的にあまり余裕がなかったのでマンションという訳にはいかず、木造のアパート暮らしになりました。

初めての一人暮らしでとても嬉しかったことを覚えています。

アパート暮らしを始めるにあたって注意したことが騒音トラブルに関することです。

それまでの寮はコンクリートマンションであったためあまり気にすることもありませんでした。

木造2階アパート築古

今度の住まいは木造2階建ての2階なので生活音には気を付けようと思い自分でルールを決めようと考えました。

まず、私は外食があまり好きではなかったため帰りが遅くなっても自炊していました。

自分なりに決めたルールは、夜11時を過ぎたら調理はしないこと、テレビやオーディオの音は手元スピーカーでなるべく音量は小さくすること、掃除や洗濯は休日の昼前後に行うこと、の3つとして新生活がスタートしました。

下の階から苦情

当初は快適に過ごしていましたが、住み始めて1ヶ月くらい経過した頃、帰宅したら下の階の住人から「深夜の物音がうるさいので注意して欲しい」と書かれたメモ紙がドアに貼られていたのでびっくりしました。

自分としては最大限注意しているのでそんなはずはない、と思いながらも、より物音には慎重に生活していました。

その数日後には大家さんが来て、下の住人からクレームが出ているとの話がありました。

自分としては日頃注意していることを説明し、これ以上物音を立てずに生活するのは無理と伝えました。

大家さん出現

けれでも、大家さんが言うには「今まではそんなことはなかった」との話があり、納得できないため自分で下の住人に直接話を聞くこととしました。

そして、訪問してお詫びを伝えるとともに、解決するために自分の考えた方法を伝えました。その方法は、相手に私の部屋に入ってもらい、私が相手の部屋に入り携帯電話で連絡しながら部屋の中を歩いてもらうというものでした。

了解を得たので実際に行ってみた結果、台所と部屋の境目を歩くと音がすることが分かりました。

築古アパートあるある事例

その旨大家さんに伝えたところ、大家さんにも実際に歩いてみて大きな足音が出ることを確認してもらえました。

後日修理が入りましたが、その部分だけ根太が腐食し欠けていたことが原因だったのです。私の前の住人はその部分にタンスを置いていたため、騒音が出なかったことが判明しました。

大家さんも、こんなことがあるんだと驚いたり感心したりでした。

解決するポイント

結局修理して無事解決しましたが、下の住人もケンカ腰で言ってきた訳ではなく、私もまずは謝ったことが大きなトラブルにならなかった理由かな、と思っています。

騒音トラブルは、冷静に対応することと、腰を低く接することで円満解決するのだと思いました。

 

追記

大家さんも普段から気を付けてもらいたいです。

特に古いアパートの場合に起こりがちです。

建物自体の傷み具合が騒音トラブルの直接原因だったのですから。

こんなこともあるある事例でした。

以上です。

 

-騒音トラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ