戸別温泉あり築古マンション購入記

別荘マンション購入記 七 昔のお風呂

お風呂洗い場の段差解消をしたいのです 

暑いですね。

6月下旬に差し掛かってきました。

さて築古マンションなのです。

お風呂の段差解消に頭を悩ませているのです。

写真にも示したように、段差があります。

古い物件では、当時としては当然だったのでしょうが、今の時代ではやはり段差が気になります。

出入りがしにくいですよ。

現代のお風呂になれた身としては、ちと辛いものがあるのです。

ですがそのデメリットを覆い隠せるほどの、温泉にはメリットが多いと多いと感じています。

そして、メリットが多いのでそのままでも良いとも言えないです。

だから、浴槽の嵩上げ方法をあれこれ思案しているのです。

もちろんヒノキ材すのこを使いたいと思ってますよ。

池川木材 【国産】 桧 厚板すのこ 7枚打 (85×65.5cm)

新品価格
¥3,740から
(2020/6/23 16:23時点)

 洗い場へはいる時、足を一旦上げてからはいる

はいると、それまた段差がありまして。

13cmはあると計測してあります。

脱衣場から、一旦足を上げて、その股下がるという何とも言えない古い構造です。

脱衣場から洗い場へ降り立つと言いますか、そんな感じさえさせてくれます。

ちょっと危ないかなと思ったりするのです。

ふらついたりして倒れたら温泉どころではなくなります。

そこで、段差解消法を考え中なのですね。

タイル貼りの床が、何とも言えぬ昭和感を醸し出してくれています。

文句を言っているのでは一切ありません。

こんな素敵なマンションを買えたことに感謝しています

 イレクターパイプで土台作り

市販のヒノキすのこを置くだけですと、段差解消にはならないです。

あれの高さは45mmです。

少しは段差解消できますが、どうせやるならもうちっとましな形にしたいのです。

できれば、脱衣場と同じくらいの高さに嵩上げしたいと思っています。

さて、どうなりますでしょうか?

不器用な自分ですが、頭を使って使い勝っての良いお風呂場にしたいと思っております。

なるべく快適に温泉風呂につかりたいのです。

乞うご期待なのです。

 

 

 

 

 

-戸別温泉あり築古マンション購入記

© 2021 アパキタ不動産のブログ