不動産業

私道沿いの草刈りをするはめに

他人の土地であっても草刈りしなければいけない 

貴方は、他人の土地の草刈りを進んでやりたいと思いますでしょうか?

答えは、たぶん「やろうとは思わない」であると思います。

そうですよね。

何で、他人の土地(私道)に生える草ぼうぼうを自分が汗水たらして刈り取らなければいけないのか?

 他人の土地であっても草刈りしなければいけない何故?

では、何故なのか?

普通は、そんなものほっとけば良い!

てな話になります。

実は、当事者の私も最初の頃は思ってました。

「それが常識だ!」だったのです。 


私道脇に生える雑草だけ元気が良い

雑草なんてものは元気だけよいです。

そこのところは、ぜひ学びたいと思うのです。

雑草は、ある意味「先生」だったりします。

自分は、自慢じゃないですが体力弱いです。

糖尿病だと医者に言われましたが、そんなものはこの2ケ月で治せると思っているくらいです。

一日二食にすれば、大丈夫なのです。

 夏の暑さに弱い自分

自分の弱いところは、夏の暑さにはめっぽう弱いのです。

ホント。

嫌になってしまいます。

夏はただでさえ、暑くて体力消耗しますよね。

食欲減退します。

夜の夏はもう、灼熱地獄でしょうか。

熱帯夜の夜は、寝苦しくてなかなか眠られません。

貴方もそうではないですか? 

夏の熱帯夜は睡眠不足となります

ただでさえ、体力消耗しているところに睡眠不足が重なりますとたいへんなのです。

雑草は暑いほど元気になる

その逆に、自分のほうは体力消耗で元気が弱くなってしまいます。

悔しいですけどね。 

何故、他人の土地に生える雑草を草刈りしなければいけないのか

難しい問題のように思いますが、対して難しくもありません。

当方のアパートが、その私道の接しているのが要因となります。

アパートが私道と接しているからと言って、こちらで雑草を刈り取る責任などみじんもないわけなのですが。

ここが、ちょいと頭を柔らかくして対応する必要があったのです。

私道の所有者はその道を使うだろうその奥にある戸建ての人達だった。

市役所に掛け合って、市道(公道)に買い上げてをお願いしたらしいのですが拒否されたようなのです。

まぁそうですよね。

市役所としても、そんな限られた人しか通らないような私道を管理するとなると予算が必要となるから拒否もするでしょう。

これなんか、かんたんな話です。 

当方所有のアパートの景観が著しく損なう恐れが大きい

そうなのです。

こちらに関係することは、アパート全体からみての景観が著しく損なうということになります。

これは大きな問題です。

ほっておけないです。

アパート自体は、立地も良くて退去があっても直ぐに入居者があるような場所になります。

24時間スーパーまで、歩いて2分です。

ユニ〇ロや、百均、他の衣料品店から靴屋さん、本屋さん、ゲームセンター、レストランなど便利施設がいっぱいあるのです。

 充電タイプの電動草刈り機を買うことにしました

ほんの数十メートルの雑草ではありますが、毎年これが続くのであれば機械に頼るほかありません。

エンジン式もあるので、迷いましたが充電式のタイプの方がメンテナンスが楽になりそうです。

エンジンタイプだと、久しぶりに使うことになるので「エンジンが掛からない」という事態も容易に想像できちゃいます。

充電タイプでも大容量タイプであれば、エンジン式と遜色ないはず。

このように機械であれば、夏の間の体力消耗のかなり軽減できそうです。

除草剤も定期的に撒かないといけないですね。

大家さんもたいへんなのでありました。

今回は以上です。

私道沿いの草刈りをするはめに

 

 

 

 

-不動産業

© 2021 アパキタ不動産のブログ