築古物件

素人が初めてドアの鍵交換してみた結果

素人が初めてドアの鍵交換してみた結果

私は素人なのです。

自慢できないですが、不器用なのです。

器用な人をみるとうらやましくなります。

簡単な犬小屋など、自分で作ってしまう人いますものね。

自分には、絶対無理なのです。

自信がまったくありません。

おそらく私が建てたなら、柱が垂直な建物はできないでしょうね。

自分でやろう鍵交換

不器用を言ったところで、何も得は無いですよね。

出来ないからやってみるのだ!

そう、やってみよう。

なにより、安くできるはずです。

業者に依頼すれば、すぐに1万円とか2万とか飛んでしまいます。

そこで、インターネットで検索しました。

どうやら、素人でも簡単に鍵交換できるようなのです。

やってみたら意外とできた

先ずは、取り付ける場所にて寸法を測って記録しました。

ネットで調べたので、測る部位はおおよそ分かっていました。

それで、そのサイズに合う鍵を検索しました。

なにやら「ディンプルキー」というものがセキュリティが高そうです。

予備キーも5本もあるので、これだというものを決めました。

ネット注文すること、二日目に届きました。

最近のネット通販って、注文してから家に届くの早いです。

この前は、別の品物だったのですが夜の9時頃注文したら。

ナナなんと翌日の昼12時前に到着しました。

恐ろしく早いですね。

アルファ 取替錠 Wロック D36KN-TRW-32D-1 9ZZ9008500 ¥3,685(送料込み)

交換手順をかんたんに説明しましょう

まず、扉を開けます。

次に室内側になる取っ手の根本のカバーを左回しで緩めます。

ドア本体にぴったりついている丸いカバーのことです。

カバーには小さな穴が空いているので、付属の小さな工具を刺してから緩めるのです。

少し、力を入れますとするすると緩みました。

そうやって室内側の取っ手自体が簡単に取れてしまいます。

次は、室内側の隠れていたところ(丸座裏金)にあるネジを2本緩めますと、室外になる取っ手も外せます。

簡単に取っ手が取れてしまいました。

これは、鍵交換というよりも「取っ手の交換」といった感じになります。

取っ手の中央には、ディンプルキーの穴があるのですよね。

外すのは難しいことはありませんでした。

外したのと、逆の手順で新しい取っ手を取り付けてゆきます。

室外のほうから取っ手を差し込みます。

室内側から、丸座裏金という丸い板をネジ2本で取り付けます。

しっかし、ネジを締めましょう。

次は、室内側の取っ手を差し込みます。

この時、差し込みできる位置は決まっているので間違えようがありません。

素直に、差し込める場所を探して室内側の取っ手のカバーを右に回して固定します。

(丸座裏金の丸い部分の淵がネジになっているので、室内取っ手カバーを被せて右に廻すと締まります)

やってよかった鍵交換

慣れると、ほんの数分程度でやってしまうでしょうね。

業者様に依頼したら、これで1万とか2万とか請求されてしまうのでしょう。

今回の掛かった費用は部品代だけの¥3,685也。

やってよかった鍵交換(取っ手交換)だったのでした。

少し、自信がついたので次の機会を挑戦するぞと決意したのでした。

腕に少しは自信がついたし、経費節減も叶ったし。

めでたしめでたし!

 

 

 

-築古物件

© 2021 アパキタ不動産のブログ