株式投資

毎日眺めています日経平均株価

毎日眺めています日経平均株価

2020年3月中旬過ぎに株価が大暴落しました。

株価チャートが本当に、真っ逆さまに落ちたのです。

それは絵を描いたかのような下がり方だったです。

その後は、幾分持ち直してきているようですが。

そうではありますがこのまま、株価上昇すると思ったらいけないと思います。

私も素人でありますが、気を付けなくてはいけないです。

株を安く買うタイミングは今なのか?

今ではない

そんな私は、3月のその下がったタイミングで株を少々買いました。

その先日の大暴落したタイミングで買いました。

私は、数年前から株価チャート眺めていたのです。

そして、この日のような大暴落を待っていたのでした。

待ちに待ったチャンスがやっときたと小躍りした私は、希望銘柄を買いました。

その時は底値と思えた株価でしたが、その後上昇した後、いまは買った時よりも少し下回っております。

ここ数日は買値の数%下がった状態で、うろちょろしています。

早い話しが含み損なんですよね。

いまのこの時期、塩漬けするというほどではないです。

これは、しょうもない状態なのです。

こんなこともあるのが投資の世界なのです。

それでも長い目で見れば、上昇は間違いないとは思って構えています。

やっぱり、買った時よりも下がっているチャートを見るのは切ないですね。

3月に買った株は、直近で利益でた時点で売る

株価が上昇したタイミングで指値で売ろうと機会を狙っているところです。

今は、買値よりも下がっている時期なのですが、またしばらくすれば懲りもなく上昇するはずです。

チャートはそんなものです。

いえ、上がると思っていたけど、上がらないかもしれないのがチャートでもあります。

投資に絶対はありませんでした。

それでも経済成長してもらわないと皆が困ってしまいます。

冷静に判断しなくてはいけませんね。

豊富な経験ありの投資家の話をしっかり聞いて学ぶ

いま、政府の休業要請のなか、自宅待機のひとが多いみたいです。

そのせいなのかユーチューブなどを見る機会が多いようです。

そうではありませんか。

自宅にいると、テレビも見るかもしれないですがインターネットも沢山みれてしまいます。

不要不急の外出はしないようにと要請がでてます。

そのお陰で時間に余裕ができた今こそ、しっかり学びましょう。

逆境を富に転換するのです。

普段忙しくて、なかなか時間がないと言っているひとは特に有効に時間使いましょうね。

勉強することで、お金持ちになれるのだとしたら今勉強しなくちゃ、です。

真のお金持ちはものすごく勉強しているのです。

次の買い場はいつになるのか

日経平均株価は、3月の大暴落した後は少し上に戻しています。

ですがこのまま、上げ下げしながら上昇パターンとはならないはずです。

今から1年以上3年くらいの間が安く買える買い場となるのだと予想しています。

リーマンショックの起きたあとのチャートをみる

「歴史は繰り返す」のです。

次の表にも示してありますが、20089月にリーマンショックが起きました。

それからおよそ1年後に株価は底値へと暴落しています。

その前の株価最高値18153円の時からだと、2年半で7281円の最低になったのです。

もう半分以下になったのです。

このことから学べるとすれば、コロナショックによる株価の暴落はまだこれからなのだということです。

現時点での世界中に関係する深刻な新型コロナウイルス肺炎もまだ、いつ収束できるのか予想だにできないです。

そのような間に、企業の業績も落ち込むことは当然とも言えますよね。

これから企業決算が発表されるたびに、株価チャートが怯えたように上下に揺れるのだと思います。

まとめ

今から1年以上3年くらいの間の中で、本当の買い場がやってくるのだと思います。

いまでは決してありません。

今は、現金をしっかりためて置くことに専念しましょうね。

例え少しでも用意しておいたほうが良いです。

最後に5年とか10年と長い目で投資は考えましょう。

あなたもお金持ちになった夢見てゴー!

今回は以上です。

 

 

 

 

-株式投資

© 2021 アパキタ不動産のブログ