騒音トラブル

対策としては、口を封じてプレイする

対策としては、口を封じてプレイすることを決めました

今回は、アパート住まいに付きものの騒音トラブルに対してです。

知人で加藤さん(仮名30代男性)の体験談を紹介したいと思います。

なるべくなら、騒音トラブルに巻き込まれたくありません。

快適なアパート暮らしができたら、それだけでも幸せですね。

今回は、エロんな知恵が出て参ります。

騒音トラブルの「原因の側」になってしまった

私は以前住んでいた賃貸住宅で、騒音トラブルの「原因の側」になってしまったことがあります。

大学を卒業して社会人になるにあたり、私は初めて一人暮らしをすることになりました。

会社から3駅ほど離れた場所にアパートを借りて、そこで一人暮らしを始めました。

半年ほど仕事を行うとだんだんと職場や人間関係にも慣れてきました。

その頃から同じ職場で働いていた女性と交際を始めるようになったのです。

その女性は実家暮らしをしていて、私が「一人暮らし」をしていると聞くと、よく泊まりに来るようになったのです。

私も彼女のことが大好きだったので、合い鍵を渡して好きなように出入りしてよいことのルールを作りました。

ふたりの「秘密」の世界ができたのは嬉しかったのです。

週末には二人とも休日であもあり、ほとんど彼女は私の家に入りびたりになってしまいました。

若い男性である一人暮らしの私の家に泊まりにくるのですから、当然のことながら夜は自然と性行為に至るようにもなります。

彼女はどちらかというと「あえぎ声」が大きく、気にはなっていたのです。

ですが、そのままにしていました。

管理会社から電話 周りの部屋から「クレームが来ている」と

すると2カ月ほど経ったころ、管理会社から周りの部屋から「クレームが来ている」と電話がかかってきたのです。

この件は、少しは自覚もあった故、本当に恥ずかしくなり、悪いのはこちらなので平謝りをしました。

電話を切った後からは、どうにか対策をしなければならないと考え込みました。

まずは、彼女にもあえぎ声で「クレームが来てしまった」ということを伝えました。

その時は彼女もかなり恥ずかしがっていました。

これからは二人で十分に気をつけようということで纏めることにしました。

彼女の口を封じてプレイする

私たちが行った対策としては、口を封じてプレイすることを決めました。

彼女は感じて来るとどんどんあえぎ声が大きくなってしまいます。

このような興奮状態になってきた時にキスをして口をふさいだり、舌をからませたり、今までにあまりしてこなかったようなことをするようにしました。

それがです。

彼女はこのような不自由な感覚も快感に変わったようで本当に楽しんでいました。

防音カーテンや防音カーペットも

それから部屋の音に関係する環境もやはり変えた方がよいと思いました。

防音カーテンや防音カーペットを取り入れることにしました。

このような集合住宅において基本的な防音対策をしておけば、急な展開の時でも慌てることがなくてすむようになったと思います。

普通に暮らす時に発生する生活音も低減させることができたと思っています。

こちら騒音を出すの減らす効果だけではなく、周囲の騒音も聞こえにくくなるのでこの方法は本当に良かったと思います。

防音のW効果と言えるでしょう。

私はセミWベッドも置いていたので、振動も心配したのですが、防音カーペットは取り入れて本当に良かったと思っております。

アレはできる限り短時間で済ませること

また、アレはできる限り短時間で済ませることも心掛けました。

できる限りの対策をして短時間に集中することで、あえぎ声もコントロールできるように、ななりました。

やはり集合住宅に住んでいるからには、周りに配慮しなければならないことを痛感した出来事でした。

日中と違って、深夜は静まり返っていますよね。

皆さんもご注意下され!

反省ハンセイなのでした。

 

以上。

 

-騒音トラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ