スナックバーで息抜き

夜9時過ぎのカラオケスナック

9時を過ぎてカラオケスナックへ

その日は夜も9時を回るころ、散歩にでかけました。

夜ですが、とある目標があったのです。

このまえ、一度入ってみたカラオケスナックはなんと、フィリピン人のママでした。

そこへ、10日ぶりに行こうとの。

フィリピン人のママからショートメールが来たので、まぁ行こうかなと。

初回のとき、フィリピンママの方から「携帯番号教えるよ」と言ってくれました。

フィリピンママの方から「携帯番号教えるよ」と。

ですが、最初は断りました。

めんどうくさいからです。

また、次にくるかどうかも分からないお店のフィリピンママとです。

私には、お友達のスナックママさんがたくさんいます

あちこちのスナックママさんとお話すると、大抵は好感持ってくれるようです。

それはありがたいことです。

それ事実であるならば。

話す内容としては、自分の学んでいる資格の話しであったり投資でお金を増やすはなしであったり。

お店の売り上げを上げるためにはどうしたらよいのか等ですね。

言っておきますが、なんでも分かっている訳じゃないですよ。

とにかく、自分が楽しむためだけにスナックに行くのではないかも。

それから、お店の外が暗がりがあると防犯上良くないからできるだけ明るくしておく方が良いよ、なんて。

生涯を大学生として学び続けようと思っているとお話しするのです。

たいていは、驚かれますし肯定的に話聞いてもらえます。

スナックママさんの中にも、学びとか好きなひといますね。

私は、話し相手が「前向き思考」できるひと好きです。

そうなると、一気に話が乗ってきちゃうのです。

まぁいいじゃないですか。

こちらのフィリピン人のスナックママさんは、いま商売上でのお話し相手となってくれているのです。

初めにお店入ったときは、その他のお客様がいなかったのでしばらくはそのママさんとお話してました。

ふたりだけなので、他に話す人もいないのですから当然と言えば当然だったのです。

落ち着いてお話できたから良かったですよ。

日本に来て、いまはどうしてこのお店をやっているのか等いっぱい話してくれたのです。

子どもがいまどうしているのか等も、お話聞いてあげましたよ。

で。

どうして、そんなにいっぱいお話してくれるのですか?

と質問投げかけてみたのです。

あなたは話しやすい」とのことでした。

そうなんだ。。

なんで話しやすいのですか?

と質問してみました。

いろいろといっぱい話してくれるから」だから話しやすいのだそうでした。

そうなのか。

自分では知らないうちに、自分の事はなしているのね?

自己開示ってことで。

兎に角悩んで

私も、この数年のこといっぱい学んだもの。

相手がスナックママさんで、どうしたら気に入ってもらえるのか、兎に角悩んで今日のこの日まできた自分なのでした。

そんな経験を経てきた自分だったから、こちらのフィリピン人のママさんの気持ちというものある程度把握できていたのだと思っております。

また来たよ!

「また来たよ」とカラオケスナックのドアを開けた。

初めて来たときとは違って、今夜はお客様がいたよ。

良かったです。

お客様がいないとお店継続できませんからねぇ。

少しだけ高齢な男性二人がカウンター席におったよ

どちらも、自分よりか5歳から6歳くらい上かなと。

70歳にもうじきなるかもしれないなという感じだったです。

裕次郎の映画を見ては、画面にくいついたという世代の

客人のひとりは当時、裕次郎映画をみては本人になり替わっていたのだと。

言っていました。

懐かしい感じがしていたのでしょうね。

そちらの客人もカラオケは裕次郎の曲をたくさん歌っていたのです。

自分も、負けずと裕次郎のムードある曲を選曲したり。

いいですよね。

ムードある大人の曲好きです。

あんなカッコいい大人の雰囲気ある男性素敵です。

自分には、まったくもってありません。

残念です。

悔しいですが、しょうがない。

ただの、おっちゃんなのでしたオレ

私のカラオケ十八番

20代から大好きだった歌があります。

ムードのある大人の曲とは言えませんケド。

それを、歌いますと気分よいです。

いいですよね。

好きなカラオケ曲を歌って。

ところが、私の十八番ですがスナックママさんが大好きになってしまうのです。

大抵のスナックママさんは、私の歌う十八番好きになってくれます。

不思議ですが、まぁいいですよね。

あるひとりのスナックママさんなんかは、お店が暇なとき、練習しているんだそうですよ私の十八番を!

お店に行くと、いつも歌ってとせがまれる、そんな歌が自分にはあります。

悪い気はしませんてことであります。

先にいた客人は独身か

お話していると、だいたい分かります。

客人の普段の生活背景とか。

女性の影がちっぽけも感じませんでした。

で、独身なんだろうなと思えたのでありました。

私が、すぐ隣のスナックのママさんが暴漢に襲われそうになったと聞いたことを話しました。

ここは、ひとつの建物にスナックが3つくらい入っていたのです。

一番奥にあるスナックが暴漢に襲われそうになったママさんがいらっしゃるのですよ。

お店の位置的には、通りの奥の方が灯りが暗くなりやすいです。

暗がりは防犯上良くないです。

そこで、こちらのフィリピン人のママさんにも言いましたよ。

閉店して帰るときは、ここの客人とか一緒に店を出たほうが安全だと思うよと。

客人は、この時言ったのです。

「オレも誰かに抱きつかれたいな」

抱きついたことないもんね。とか。

まぁ、そんなことはどうでもよい?ことで。

お仕事お疲れ様で乾杯して

日頃のご苦労をお疲れ様でねぎらう場所であります。

大人の社交場スナックバー。

スナックのママさんにも一杯ごちしての。

お値段はまぁ、それなりにお支払いになります。

安かったですよ。

また来てほしいとの想いが感じられた会計でした。

気のせいか?

それでは、またね。

夢で逢いましょ!?

続く。

追伸

フィリピンママが話してくれた中で、困りごとがあったのでした。

それは、店の鍵を付けたまま家に帰ってしまったことがあったと。

次の日、店に来たら鍵が差さっていたというのです。

これ、やばくない??

認知症の初期化も?

なんてね、その場では笑っておきましたケド。

次の日の朝ショートメールした

店の鍵と、乗って帰る車の鍵を一緒に着けておけば大丈夫だからね。

と。

早速、「心配ありがとう、そうします」と感謝のメールが入っていました。

 

 

 

 

-スナックバーで息抜き

© 2021 アパキタ不動産のブログ