築古物件

築31年コンクリート賃貸マンションに住んでみて

31年コンクリート賃貸マンションなのです

私が、年末から借りている部屋は、築31年コンクリマンション2階/3階建てです。

外側に面しているので、南と西からの2面採光とれてます。

ほぼ、南向きのマンションは冬は太陽さんから一杯の日差しをもらえて暖房費節約にもなります。

縁側というものはないですが、縁側にくつろぐような感じで過ごすこともできます。

ひとりソファがあるのですが、そこのゆったり座りますととても居心地が良いです。

冬の太陽は、夏に比べてしたのほうになります。

だから、部屋の中の奥までに暖かい日差しが届きやすくなります。

晴れていればの話しですがね。

西側にも窓があるマンション部屋

午後の1時も過ぎると、今度は西に窓がある部屋にも暖かい太陽の日差しがさしてきます。

そこで、まったりするのも好きですね。

午後の時間、まったりできれば誰でも眠くなったりしますってね。

いいではないですか。

現代人は、時間に追われた生活をしている

タマの開いた時間には、いいのです。

まったり太陽さんのあったかい日差しに抱かれて。

至福の時を過ごす!

いいじゃんね。

南向きのマンションは、とても過ごしやすい

このように、冬の間も南側の部屋では暖房要らず。

西日のはいる部屋があれば、これまた暖房費節約できそうです。

いいことづくめの南向きと言うお話です。

よいことばかりじゃない築31年賃貸

入居したばかりは、あまり気にならなかったのです。

最近、あることに気づき始めましたよ。

おかしいなとは思っていたのですが。

ただいま、4軒も空室があるマンションです。

4軒が横並びの3階建てですから合計12軒あるマンションです。

そのうち、4軒も空いているのです。

私が入居を決めようかと思案したときは3軒空きでした。

その後、入居を決めたのですが。

だから、空室2軒になるべきところ、何故か?

空室4軒なのです。

空室4軒のなぞ

まずは、私が入居したのは年末21日です。

その後、月末までに1軒退去がありました。

その時点で、空室は3軒の元通りになっちゃったのですよね。

外から、部屋の窓をみると分かります。

空室には、カーテンがしてないからです。

1月末頃に、また1軒カーテンなしの部屋になっていた。

どうもいけませんね。

私が大家ではないのですが、これは負の連鎖。

カーテンなしの部屋がまた一軒増えてしまいました。

これで、空室4軒の賃貸マンションが出来上がりです。

何が原因で空室が増えるのか

退去するから空室になるのですよね。

1月末の退去の理由がわかりました。

その方は、上の階の3階だったのです。

どうやら娘夫婦と親夫婦?

同じ3階の隣同士に借りていたようでした。

そこで、隣の部屋が空いたのですが。

娘らが親の部屋に引越ししたのですね。

娘と母とが一生懸命に引っ越し作業していたので気づいたのです。

なるほどね!

DKに親子夫婦と娘夫婦+小さい孫

不思議なのですね。

地方にある築31年のコンクリマンション2DKです。

その1軒のなかに、二世帯が一緒に生活できるのか?

甚だ疑問であります。

無理だと思うのです。

孫といっても、まだ1歳か2歳程度の小さな子がいるのです。

若旦那は、どこへ?

引越しする前、若旦那の顔をみました。

いまは、見たことないです。

どうしたのかな。

素朴な疑問が湧きます。

でも、そんなこと上の階の住民に聞くわけいきません。

まぁ、そんなことはさしあたって。

少しづつ見えてきたマンションの不満点

少しづつ分かったような気がしています。

どうして、4軒も空室になってしまうのだろうかなと。

大通りからマンションまでの100mくらいが狭いです。

車がすれ違うことはできないです。

これが、退去する理由のひとつだとは思っていました。

不便です。

すれ違えないのですから。

歩くとギシギシしきむ床

これだ!!

どの部屋を歩いても、ギィ・ミシミシ

微妙な音がするのです。

特に寝静まった深夜に分かります。

これは、如何なものかと。

私は、深夜に起きてトイレに向かう時あります。

ミシミシ、ギぃ~

1階に住んでると気にならないでしょう。

下階がないのですから。

こんな時は、1階の部屋は良いもんだなと思えます。

しかし、1階の部屋に住んでいれば上階の床の音が聞こえるはず。

どれくらい聞こえるのか?

はてな。

分からないです。

たぶんあのギシギシ音がするからには、深夜であれば音が伝わっているはずです。

若い夫婦だったら床全体がギシギシなる時間帯

上の階に若い夫婦が住んでおられたとして。

夜のお勤めがはじまったとして、ギシギシなる時間となるでしょうね。

下の階に住んでい居たら、上階で今何をしているのか丸わかり?かもね

いろんな妄想が膨らんでしまいました。

少し反省をば。

住み始めたばかりのころは気づかなかった

そんなところあります。

このマンションの住民も、それぞれです。

それぞれにとって気になるところも違うでしょう。

それが退去まで結びつくまでの気になる内容なのか?

はて。

これからも、いろいろと気が付くところが出てくるかもしれないです。

自分の許容範囲のうちであれば、あと2年程度はこちらのマンションにお世話になるつもりです。

今回のお話は以上です。

 

 

 

 

-築古物件

© 2021 アパキタ不動産のブログ