騒音トラブル

近くの工場からの騒音

近くの工場から騒音

午前のこと、街を回って散歩していました。

突然です。

ドスンドスン❕

なんだなんだ?

周期的な、尚且つ大きな衝撃音が響いてきました。

大きな音だ。

これは、騒音だな。

大型のプレス機械が稼働しているのでしょうね。

建物を回り込んで、音の方を見てみたらやっぱり大きな機械から音がしていました。

あれだな!

人間の背丈の3倍はあろうかという大型の機械にひとりの男性が作業しているようでした。

シャッターが開いていたので、丸見えでした。

住宅が密集していたら大変なこと

近くに、住宅が密集していたら大変なことになりますよ。

と、まわりをぐるっと眺めてみたのですけど。

大きな工場なので、その関連会社なのか不明ですがとにかく工場に囲まれているのです。

区役所のセンターがひとつと、その向こうには住宅が見えました。

あのくらい離れていれば、なんとか騒音で悩まされることはないかも?

しれないです。

これが、深夜遅くだったらそうわいかないでしょうね。

この辺は、工業地域なので仕方ない面もあるにはあります。

しかし、工場ができる以前から住んでいた人もいるわけで。

そういったひとには、配慮が必要だと思いますよ。

自分の家の近所にも、騒音工場があった

深夜も2時とか3時に、大きな声でエロイ話題みたいな話声が聞こえた。

そんなこともありました。

夏で暑くて眠れない日を過ごしていた時期だったです。

夜勤の従業員からしても、深夜で暑くて堪らなかったのでしょう。

だからといって、大声だして発散してよいわけではないですよね。

周辺には、住民が住んでいるのです。

深夜ですから熟睡している時間です。

翌日のこと、そこの事務所に電話して苦情を申しました。

おたくの従業員が、深夜遅くに道路まで出てきて大声で話していたと。

あまりに大声なので、眠れなかったと。

話しをするなら、工場の中でやってほしいと申し出ました。

それから、数か月は深夜になってもパタンと静かになったのです。

パタンと静かになった それも、つかの間

苦情申したその日の夜から静かになりました。

ほんと。

違う場所に自分がいるかのように騒音環境が静寂空間に変わりました。

そこは、プレス工場ですから年中何かしらの音がしています。

それが、ほんとに静かになったのです。

きっと、窓を閉めたりいろいろと対策したのでしょうね。

それも、つかの間2か月も過ぎたころから事態は変わりました。

以前のように、深夜になって休憩時間だと思いますが出てくるのです。

外に出てきて、ぺちゃくちゃおしゃべりするのが聞こえてきます。

深夜なのです。

多少は我慢しなくちゃということでこちらが静かに大人しくしていました。

ガシャーンと衝撃音が深夜に鳴り響く

次の時間は、午前2時ころのことです。

あなただったら、許せますか?

きっと許せないでしょう。

防音室にでも寝ていれば聞こえないかもしれないですが。

そんな部屋がある家ってありますか?

多分ないでしょう。

深夜のガシャーンは許せないです。

パレットをパタンと倒しても衝撃音です。

それも、あるけど鉄くずかなにかを、大きな鉄箱にドカンと入れ込むような重量感のある大きな音です。

地に響く衝撃音で。

許せないので、床についたまま携帯電話で電話しました。

「いまおたくの工場の方から凄い衝撃音が聞こえましたよ」なんとかしてくれませんかとね。

電話の相手は、面倒くさい感じでだるそうに。

「そうですか。気を付けます。」などと言っていました。

結果、変わってはいないのです。

ダメですね。

結局のところは、総じて静かさを保っております。

なんとか、不満の出ない程度で暮らしております。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

夜、街を散歩していたら

世界に名の知れた大会社の外側の歩道を歩いていたのです。

赤いライトがついて、何やら作業している人がひとり見えました。

だんだん近づいてみるとなんと。

マイクを立てていました。

測定器のようなものを覗き込んでいます。

声をかけてみようかと思ったけどやめました。

おそらく、工場から出る騒音測定していたのですきっと。

マイクが、工場のあるほうへ向いていたからわかります。

大きな会社のやることは、やっぱ違うわ。。

ホ〇ダとか言った大会社でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-騒音トラブル

© 2021 アパキタ不動産のブログ