築古物件

私が借りたマンションで設備のトラブル発生

慣れないトラブルには冷や汗ものです

おはようございます。

またまたトラブル発生です。

冷や汗ものでした。

また、トイレの話で恐縮ですが。

水タンクの横につまみがありますよね。

大 小 の文字がついたあのつまみです。

今度は、あのつまみが完全にふにゃふにゃになってしまったのです。

あれ!おかしいぞと

いつものように、つまみを動かしました。

すると「ふにゃっ」と手応えがするではありませんか。

私は、はじめ「なんだろう?」と意味が分かりませんでした。

つまみをいじってみますと、何やら取れてしまいそうなんです。

まさか、自分が壊したわけでもないだろうと。。。

普通に操作していただけなんですからね。

水タンクの蓋を開けて覗いてみた

つまみの構造は知らなかったのですが、取りあえずどうなっているかを確認することにしました。

上蓋を外してよくよく見てみると、中の方が壊れているようでした。

本来固定されているべき樹脂パーツが、途中で破断しているようにみえたのです。

ははぁ~ん?

これは、経年変化という理由による樹脂パーツの破断でこの「事象」が起こっているのではないだろうか。

それにしてもこれは、困ったな。

取りあえず、大家さんに電話して修理をお願いすることにします。

しかし、この前大家さんに言ったばかりなので、少々言いずらいですが。

しょうがないですよね?

こちらが悪いわけでもないのだから。

後ほど、経過報告をしたいと思っております。



しかし、まぁ~

築古物件30年です

築30年過ぎになりますと、いろいろなトラブルが発生するものだよな?

そんな感じがする今日この頃なんです。

続く。

-築古物件

© 2021 アパキタ不動産のブログ